フィリピン留学で効果はあったのか?帰国後の英語学習はitalkiを活用して無料で英会話を継続!

2018年11月に、4週間のフィリピン・セブ島留学を体験しました。

50代半ばで、家族が心配する中、無謀とも思われたフィリピン・セブ島留学でしたが、想像した以上に実り多い貴重な体験ができました。

では、その4週間で実際の英語力に効果はあったのか?

帰国後の英語学習はどうしたらいいのか?

私の体験談を記します。

Sponsored Link

フィリピン留学で効果はあったのか?50代半ばでのセブ島留学体験談!

50代半ばでフィリピン・セブ島留学を体験した私は、留学前の英語レベルは中級程度と思っていました。(中級ってどんなレベルなのか、かなり曖昧ですが)

40代から再スタートした独学の英語学習で、日常生活での簡単な意思疎通はできる程度でした。

40代半ばに受験したTOEICテストのスコアは650点でした。これは当時、受験用のテキストを必至で勉強した結果です。

ただ、その頃外国人と躊躇なく会話ができたか?と言えば、かなり抵抗があったと思います。

TOEICスコアの高い人が英会話ペラペラか?というとそうでもなかったりするようです。

現在のスコアはわかりませんが、再就職をするあてもない今、受験の必要も感じないので受けていません。

今はもっと低いかも知れませんが、650点を取った時よりも、今のほうが外国人と会話をすることに抵抗が無くなっているのは確かです。

4週間のフィリピン留学を終えた今、確実に言えることは、英語環境の中に自分を置くことの大切さです。

豊富なマンツーマン授業や、日本人以外の留学生と会話をするには英語しか使えないことと、レストランやスーパーでの買い物にも絶対に英語が必要になることで、嫌でも英語を使うことになります。

「たった4週間しかない」と思っていた私は、ショッピングモールの店員やタクシードライバーにも積極的に話しかけるよう努力しましたし、彼らの訛っている英語を聞き取るべく、耳と脳をフル回転させていました。

この集中力たるや、日本での英語学習ではあり得ない密度の濃さです!

その結果、言いたいことは何でも伝えられるようになりましたし、訛りのある英語を聞き取るリスニング力もかなり上達したと実感しています。

それに、日常の会話にはTOEICに出てくるような難易度の高い単語は一切出てきません。

当たり前ですが、日本語でも政治家が時々使うような超難しい単語は、日常生活では使われないですよね。

日常生活で必要な英語は実にシンプルです。

という訳で、会話がスムーズにできるようになったという意味では、たった4週間であってもフィリピン留学は大いに効果があったと思っています。

留学の目的が、TOEIC受験のためであったり、ビジネス英語の習得や、専門用語を必要とする仕事の場合は、専用のコースが用意されているのでそちらを選択することをお薦めします。

いずれにしても、英語環境の中で英語漬けの毎日は、飛躍的に英語力をアップすることができます。効果は絶大と言って良いでしょう。

ただし、全くの初心者レベルだと4週間での英会話上達は難しいでしょう。事前にある程度の学習をするべきと思います。

帰国後の英語学習はitalkiを活用して無料で英会話を継続!

さて、せっかく英語力がアップしたところで、帰国後にまったく英語を使わなかったら、またすぐに話せなくなってしまいます。

ここは是非、英会話を継続させたいところ。でもお金をかけたくない!

ここで活用すべきは、以前から私がお薦めしている、無料で言語交換ができるサイト「 italki (アイトーキ)」です。

私には2年以上前から毎週1回、1時間だけ会話ができるイギリス人の友人が2人いますが、彼らとも italki で知り合いました。

英語を学習したい日本人と、日本語を学習したい外国人をマッチングしてくれるサイトです。

お互いのレベルと学習意欲がマッチしないとなかなか長続きはしませんが、良い相手が見つかれば一生ものの友達ができます。

この2人のイギリス人は、私と話した2年間で日本語のレベルもかなり向上し、私が話す簡単な日常会話をほぼ理解できるまでになっています。

ですから、彼らは日本語多めでの会話を望むので、最近は私が英語で問いかけ、彼らが日本語で返事をすることで会話を進行するという形式に移行しつつあります。

途中で間違いがあればお互いに訂正し合うという方法。なんだか変ですが、こんな学習の仕方もアリなんです。

時間的な余裕があれば、新たに日本語初級レベルの英語圏のパートナーを探して、英語多めの会話を楽しむのも試してみたいと思っています。

なんと言っても italki の良いところは無料で登録できるところ。良い相手さえ見つかれば、英会話を継続して学習することが可能です。

こんな便利な italki ですが、意外にも知られていないことに驚きました。

セブ島に来ていた留学生でも italki を知っている人はほとんどいませんでした。

なんで~?!

無料ですから活用しない手はないですよ!

日本語を学習したいと思っている英語圏の外国人は思った以上に多いです。

根気強く良いパートナーを探しましょう!英会話は継続することで少しずつ自分のものになっていきます。

Sponsored Link

まとめ

50代半ばで挑戦したフィリピン・セブ島留学。

4週間の留学で効果はあったのか?

大いに効果はあったと実感しています。英語環境に自分を置くことで、英語を聞き、話すことに抵抗がなくなります。

帰国後の英語学習には、italkiを活用して無料で英会話を継続!

日本語を学習したいと思っている英語圏の友達をつくり、継続的に学習することで英語を話すことを習慣づけましょう。

50代の私でも効果を実感しているのですから、若い方々にはもっと効果があると思います。

留学は難しいと思っている方は、italki から始めてみてはいかがでしょう?

スカイプ画面に初めて外国人が現れるドキドキ感と楽しさを皆さんにも味わって欲しいです^^

 

【関連記事】

・お薦めの言語交換サイト「italki」の登録方法について、詳しくは下記の記事をご覧ください。海外に無料で英会話を楽しめる友達を作ることができます。

言語交換サイトおすすめは「italki」無料でネイティブと英会話を楽しむ方法!

・50代半ばで実現したフィリピン・セブ島留学。フィリピン人の英語は訛っているのでは?と心配する声をよく耳にします。実際に留学してみてどうだったのか?こちらの記事をご覧ください。

フィリピン人の英語は訛っているけど大丈夫?オンライン英会話や実際にセブ島留学してみて感じたこと!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です