LOVOT(ラボット)の値段や維持費は高いか安いか?家庭用ロボットとペットを比較してみた!

ロボットスタートアップ「GROOVE X」から発売される家庭用ロボットLOVOT(ラボット)が話題になっていますね。

人型ロボットと言えばお馴染みのPepper君。今や様々な場所で見かけるようになりました。

その開発担当者の林要(はやし かなめ)さんがご自身の会社を立ち上げて開発した家庭用癒し系ロボット「LOVOT」が、いよいよ発売されることとなり、2018年12月18日より予約受け付けが始まりました。

そのお値段や維持費は高いのか、安いのか?

新世代の家庭用ロボットと、犬や猫などお馴染みのペットを比較してみましょう!

Sponsored Link

LOVOT(ラボット)の値段や維持費は高いか安いか?

まずは、ラボットってどんな感じなのか、GROOVE X社のムービーを観てみましょう。

なんとも愛くるしいではありませんか!

見た目はペンギンのようでもあり、ドラえもんのようなふっくらとした体型。しかも体温も人肌くらいらしいです。

とてもロボットとは思えないような表情や動きで、子どもの遊び相手にぴったりですし、大人も癒やされそうですね~

気になるお値段と維持費について

12月18日より先行予約の受付を開始 予約金2万円 (※予約金はキャンセル時は返金される)

販売は、2体セットと1体セットの2パターンがあるようです。

2体セットの価格は598,000円(税別)

1体セットの価格は349,000円(税別)

2体セットの場合には出荷が2019年秋冬となり、1体セットの場合には2020年度中の出荷となる。

2体セットには専用のネスト(巣)が付属するそうです。

これとは別に維持費(月額料金)がかかります。

プレミアムプランは18,180円/月×2体(計36,360円/月)(税別)

スタンダードプランは13,635円/月×2体(計27,270円/月)(税別)

ライトプランは9,980円/月×2体(計19,960円/月)(税別)

2019年秋冬には消費税は10%になっているはずですね。すると・・・

つまり、一体だけの購入の場合でも

予約金2万円+本体価格 383,900円 = 403,900

この他に、毎月最低でも 維持費 10,978円がかかるという計算になります。

これは、高いのか?安いのか?議論が分かれるところですね。

LOVOTの情報は、こちらのホームページをご覧ください。

家庭用ロボットとペットを比較してみた!

今回発売される新世代の家庭用ロボットLOVOT(ラボット)の特徴は、仕事をする事でもエンタメコンテンツでもなく、「ごく普通の、自然な振る舞い」で人を癒やすことができるロボットということです。

では、ペットととして犬や猫を飼う場合と比較してみましょう。

今や犬や猫は家族と同様、お世話には手がかかりますが、心が通じ合い、飼い主に癒しを与えてくれます。

ペットショップで血統証付きのペットを買っても、40万円と言えば最高級なお値段のペットですね。

その後、毎月の餌代や必需品(トイレなど)、それに医療費を考えると、まぁまぁ月々1万円かかるかどうか?というところでしょうか。

ラボットと犬や猫の大きな違いは何か?というと、ラボットは維持管理をしていれば故障しても修理が可能であるのに対して、犬や猫には寿命があるというところ。

犬や猫は、毎日餌を与えてお世話をする必要もありますし、トイレの始末も大変です。人間と同じく病気にもなるのでケアが必要です。

「命はないのに、あったかい」をコンセプトにしたラボットと、命がある犬や猫。

ここで、思い出したことがあります。昔聞いたイギリスのことわざです。

「子供が生まれたら犬を飼いなさい」

子供が生まれたら犬を飼いなさい
子供が赤ん坊の時、
子供の良き守り手となるでしよう。
子供が幼少期の時、
子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、
子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

「命の大切さ」を考えた時、ロボットと犬や猫など本物の生き物は全く違うということです。

一緒に遊び、大切に育てたペットが息を引き取った時、その亡骸に涙し、お墓を作ったという経験をお持ちの方も多いかと思います。

そういう意味では、ロボットはペットの代わりにはなり得ないと私個人的には思ってしまいます。

一方で、ロボットの方が、トイレや病気のケアが必要ないし、クリーンなので良いと思われる方も居ることと思います。

これは個人の価値観に委ねられるところですね。

Sponsored Link

まとめ

LOVOT(ラボット)の値段や維持費は高いか安いか?

一体だけの購入の場合

予約金2万円+本体価格 383,900円 = 403,900(10%税込)

この他に、毎月最低でも維持費が 10,978円(10%税込) がかかるという計算になります。

家庭用ロボットとペットを比較した場合、「命はないのに、あったかい」をコンセプトにしたラボットと、寿命のある犬や猫。

LOVOTは「癒し」を目的に作られたロボットであり、「命の大切さ」を学ぶロボットではなさそうです。

この値段を高いと感じるか安いと感じるか?

あなたはどっち?

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です