前原 滉の演技力は?脇役もうまいと評判に!細い目がチャーミングで、じわじわと存在感を表す新進俳優!

NHK朝ドラ「まんぷく」や、日本テレビ系「獣になれない私たち」に出演中の前原 滉さん。

脇役ながら、ふとしたさりげない演技が印象に残る俳優さんですね。

細い目に丸メガネをかけ、なにげに存在感を表しています。

そんな前原 滉さんについて調べてみました。

Sponsored Link

前原 滉の演技力は?脇役もうまいと評判に!

前原 滉(まえはら こう)さんのプロフィール

生年月日:1992年11月20日(26歳)
出生地:宮城県
身長: 172 cm
活動期間 :2015年 ~
事務所 :トライストーン・エンタテイメント
(出典:Wikipedia)

あの、小栗旬さんや綾野剛さん、田中圭さんら実力派が所属するトライストーン・エンタテイメントの俳優さんでした。

中学までサッカーに打ち込み、工業高校を卒業と同時に役者への道を選択したそうです。

やはり、役者さんは体力勝負ですから、体育会系出身は強いと思いますよ。

事務所直営の俳優養成/演技研究所「トライストーン・アクティングラボ」(TSAL)で4年間学んだ後に事務所所属となったそうです。

養成所での4年間は様々な葛藤があったようですが、ヒッチハイクの旅に出たり、いろいろな経験も今の役づくりのためには必要な時間だったのかも知れませんね。

2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』、TBS日曜ドラマ『陸王』、各映画賞で高い評価を受けた『あゝ荒野』、そして『3月のライオン』『トリガール』などに出演されています。

脇役とは言え、演技力は抜群!役によってガラリと変わる演技はうまい!と評判です。

陸王では、陸上選手の役でしたが、サッカー少年だった前原さんにはぴったりの役どころだったのではないでしょうか。

最近では朝ドラ「まんぷく」でも真面目な癒し系キャラで出演中。また「獣になれない私たち」でも、純朴な青年の役を等身大の演技で魅せてくれましたね。

脇役であってもとても印象に残る役者さんですね。

細い目がチャーミングで、じわじわと存在感を表す新進俳優!

写真は朝ドラ「まんぷく」です。

この笑顔、めちゃくちゃチャーミングなんですけど(#^^#)

見た目通りの温和で癒し系の役どころが多い中、岸善幸監督の最新作『あゝ、荒野』では「自殺研究会」のカリスマ的リーダー・川崎敬三を演じた経験もあります。

岸監督は「話している姿は普通の青年なのですが、フォトジェニックというかカメラ映えするんです。映像作品のなかで、ハッとするものを持っている人といない人がいる。それは演出では出せない。そういう人はこの世界からは消えない」と賞賛しているそうです。

岸監督イチオシの俳優さんですよ!

確かに、チャーミングな細い目の奥に、前原さんにしか出せない、唯一無二のキラリと光る何かが隠されているような気がしますね。

4年間の下積みを経て、きちんとお芝居の勉強をしてきた結果、数多くの映画やドラマでじわじわと存在感を表す新進俳優、前原 滉さん。

どんな役にも柔軟に対応できる演技力を持ち合わせていて、未知の可能性を感じます。

今後、さらなる飛躍に期待が高まりますね。

Sponsored Link

まとめ

最近、映画やドラマでちょいちょい見かける前原 滉の演技力は?

脇役もうまいと評判になっています。

細い目に丸メガネがチャーミングで、じわじわと存在感を表す新進俳優です。

どんな役にも柔軟に対応できる個性派として、今後の活躍が期待されています。

色々な前原 滉さんが見たいですね。

これからもますます頑張って欲しいです!

Sponsored Link

【関連記事】

・「まんぷく」で、第二子を出産した福子の見舞いに訪れた世良が手土産に持ってきたのが【浦島ミルク】でした。桐谷健太さんの起用で、auの浦ちゃんを意識したNHKの遊び心が面白いです。

まんぷく・世良が【浦島ミルク】を手土産に!auの浦ちゃんを起用したNHK朝ドラの遊び心に感服!

・「まんぷく」で萬平達を厳しく追求した進駐軍の米兵達。流暢な日本語を話す二人の正体は?ロックバンドMONKEY MAJIK(モンキーマジック)】についての記事はこちらをご覧ください。

まんぷく・進駐軍米兵はMONKEY MAJIKのメイナードと ブレイズ兄弟!【動画】流暢な日本語に驚き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です