友田明美・小児神経科医の病院の場所はどこ?虐待と子どもの心に関する著書も紹介!

『プロフェッショナル 仕事の流儀』(11月5日)に福井大学の小児神経科医・友田明美さんが出演されます。

児童虐待の痛ましいニュースが多く聞かれる今日このごろですが、親からの虐待を受けた子どもの心の傷がその子の将来に与える影響は、私たちの想像をはるかに超えているようです。

長年にわたり、ADHDや自閉症、虐待による心の傷など、子どもの“心”を診てきた福井大学教授の小児神経科医・友田明美さん。

友田先生の診察を受けるにはどうしたらいいのか?病院の場所はどこなのか?

また、虐待と子供の心に関する友田明美さんの著書も紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

友田明美・小児神経科医の病院の場所はどこ?

友田明美さんのプロフィール

友田明美(ともだ あけみ)(57歳)
1987年 熊本大学医学部卒業
1998年 博士(医学)(熊本大学)
2006年 熊本大学准教授
2011年 福井大学教授
2012年 自然科学研究機構生理学研究所客員教授

福井大学子どものこころの発達研究センター教授・副センター長
福井大学附属病院子どものこころの診療部長 兼任
大阪大学大学院連合小児発達学研究科福井校教授 兼任
生理学研究所多次元共同脳科学推進センター客員教授 兼任

友田明美さんは脳科学者で福井大学教授。

ハーバード大学との共同研究「児童虐待が脳を委縮させる」が有名です。

友田先生が診療を担当する福井大学医学部附属病院「子どものこころ診療部」は、子どもの「こころの発達」やその問題の診断・治療・支援を専門とする、全国でも数少ない医療機関です。

友田先生の診察室には、切実な思いを抱えた親子が訪れ、対話を通し、子供の心の傷を治す方法を先生と一緒に模索していきます。

決して親を責めることはせず、自分の経験談、失敗談まで話して心を楽にしてあげ、時には何年間にも渡って悩める親子を励まし続けることもあるそうです。

子育てに悩まない親は居ないと思いますが、子供も親も心に問題があった時、相談できる先生がついていてくれるのは心強いですね。

子どもは性格も一人一人全部違いますし、親もまた人それぞれ。育児って、何が正解なのか本当のところよく分かりませんね。

複雑な家庭環境であったり、育児に悩み、追い詰められた母親が子どもに虐待をしてしまうというケースもよく聞く話です。

しかし、それによってできた子どもの心の傷は簡単に治るものではないようです。

また、虐待でなくとも子供の心が病んでいるがために起こる症状も多くありますね。

そんな不幸な子どもたちを一人でも減らしたいという思いから、友田先生は子供の心の研究を続けています。

先生の人としての優しさがひしひしと伝わってきますね。

病院の場所はどこ?

友田明美先生が診療しているのは「福井大学附属病院 子どものこころ診療部」です。

完全予約制となっているようですので、事前の相談が必要です。

相談窓口はこちら

福井大学子どものこころの発達研究センター

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月
23-3
TEL 0776-61-3111(代表)

以下のような症状に対応しているようですので、子供の心の発達に心配があれば相談してみてはいかがでしょうか。

「落ち着きがない」「忘れっぽい」「指示がわからない」「対人関係が苦手」「集団行動がうまくとれない」「こだわりが強い」「言葉の発達の遅れ」「学習のつまずきや遅れ」「字が汚い、不器用、運動が極端に苦手」「発達障害ではないか」「チックがある」「学校へ行けない」「頭痛、腹痛、嘔気をよく訴える」「朝起きられない」「昼夜逆転している」「人混みが苦手」「汚れや回数を極端に気にする」「気分が落ち込む」「イライラしている」など。

何かしら当てはまるような気も…。

塾の前になると決まって腹痛を訴えるとか。何度起こしても起きないとか。

虐待と子どもの心に関する著書も紹介!

友田明美さんの著書

 

『いやされない傷』児童虐待についての医学的研究の成果をわかりやすく解説しています。医学書でありながら読みやすいと評判の一冊。

『子どもの脳を傷つける親たち』子どもに対する不適切な関わり方が、子どもの脳を変えてしまう。育児をもう一度見直してみようと思わせる一冊。暴言や夫婦喧嘩も子供の脳を傷つけているという事実に驚愕です。

『虐待が脳を変える』不適切な養育のすべてが児童虐待である、という事を解説しています。不適切な養育を受けた子どもの脳に変形や萎縮の所見を認める、という科学的事象が分かりやすく解説されています。

何気なく子供に言っている言葉や、不適切な接し方が子どもの脳を傷つけているなんて、子育て中には考えているヒマも無いかもしれませんね。

毎日が忙しく、生きていくことに精一杯だった若い頃、子供に優しく接することができたか?と問われれば私も自信がありません。

友田明美さんの著書にもっと早く出会えていたら、もっといい母親になれていたのかな~?なんて考えてしまいます。

すまん、息子達!

時すでに遅し…か?

Sponsored Link

まとめ

『プロフェッショナル 仕事の流儀』(11月5日)に出演の福井大学の小児神経科医・友田明美さん。

友田先生の診療が受けられる病院の場所は、「福井大学子どものこころの発達研究センター」です。

完全予約制ですので、上記リンクの相談窓口へお問い合わせください。

子どもの心の傷に関する著書についてもご紹介しました。

子どもを育てるのはむずかしい!

がむしゃらに過ごしてしまった子育て期を反省してみたりして。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です