中川圭太・母子家庭からプロ野球界へ!?2018ドラフト会議、PL学園の終焉を飾る逸材を育てた母親とは?

『2018ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』 ( TBSテレビ)に、PL学園の60期生・東洋大学のキャプテンで、強打の内野手として活躍した中川圭太さんが出演されます。

実は中川圭太さんは母子家庭で育ちました。

不運にも、先輩の不祥事で野球部が活動休止となり、その後も、実質監督不在の中で自分がチームを引っ張り、苦労し続けたPL学園野球部の日々。

そんな息子を支え、女手一つで圭太さんをプロ指名されるほどの逸材に育て上げた母親とは、どんな人なのでしょう?

Sponsored Link

中川圭太・母子家庭からプロ野球界へ!?

東洋大学のキャプテンで、強打の内野手として活躍している中川圭太選手。

中川圭太(なかがわ けいた)
生年月日:1996年4月15日
出身地:大阪府阪南市
身長:180㎝・体重:75㎏
投打:右投右打・内野手(セカンド)
大学:東洋大学

中川圭太選手の経歴は?

中川選手が4歳の時に両親が離婚。母子家庭となり、母・律子さんは苦しい経済状況の中、女手一つで必死に働き、中川選手を育ててきたそうです。

小学1年生に、尾崎ボーイズに入り野球を始めます。

野球をやるには用具やユニフォームなど、お金もかかると思いますが、圭太さんに心配させまいと、必死で働いてきたお母さんのことを考えると涙が出ますね。

そんなお母さんの期待に応え、中学の頃は泉佐野リトルシニアに所属し、U-16の世界選手権(3位)に出場するなど、大活躍しました。

U-16で世界選手権のメンバー入りするほどですから、本当に素質もあったでしょうし、努力家でもあったのでしょうね。

そして、野球の名門PL学園の60期生として入部します。

ところが、中川選手がPL学園の1年生だった2月、上級生の暴力事件が発覚し、野球部には6カ月の対外試合禁止処分が下りました。

当時の3年生は、最後の夏を戦うことなく、野球部を引退しました。このニュースは衝撃的でしたね。

何という不運!何も落ち度の無い中川選手らは被害者としか言いようがありませんね。

PL学園と言えば、誰もが知る野球の名門、多くのプロ野球選手を輩出し、野球少年憧れの高校です。

中川選手も大きな夢と希望を胸に抱いて入部したに違いありません。

しかしながら上級生の引き起こした不祥事。フェアプレーをモットーとする高校野球においては決して許されることではありませんね。

そして、この事件を機に、PL教団は野球部の監督に、野球未経験者である学園の校長を据えました。

実質、監督が不在となった中、中川選手をキャプテンに据え、新チームがスタートします。

出場停止処分が明けた2年の秋、PL学園は秋季大阪大会を勝ち進みました。

しかしセンバツのかかる秋季近畿大会では、PLは1回戦で福知山成美(京都)に敗れ甲子園出場は叶いませんでした。

そして、3年生として迎えた2014年最後の夏。中川選手はセカンドを守りながら守備隊形を指示し、攻撃時はサインを出していたそうです。

大阪大会決勝では、大阪桐蔭の前に1-9と敗れ、PL学園60期生の高校野球は終わりました。

PL学園の伝統、名門校であるが故の重圧を考えると、キャプテンの中川選手はどれほど苦しい状況にあったことでしょう。

そばで励まし、見守る母親の心境は察するに余りあります。

PL学園での日々を中川選手は次のように語っています。

PLのユニフォームを着て野球がしたい、甲子園に出たいという気持ちで入学したのに、ユニフォームを着られない悔しさはあったし、何のためにここに来たのか、という思いは抱えていました。

6カ月は長かった。

ただ、実質、監督がいないなかでも自分が監督の役割を担うことで、野球そのものを学べた。

甲子園に出場することはできませんでしたが、僕はPLの野球部で良かったと思うし、だからこそ今も野球を続けられているんだと思います。

目標とするプロに遠回りしたとは思っていません。(一部抜粋)

(出典:東洋経済)

中川選手、非常に前向きですね。自分の置かれた苦境をむしろ成長の糧にしたようです。本当に素晴らしいです!

母子家庭であり、経済的にも厳しい状況であったと思われますが、その後中川選手は東洋大学に進学し、入学直後からレギュラーを任せられるようになります。

この秋のドラフトでは上位指名され、プロ野球選手として活躍するであろうと予想されています。

2018ドラフト会議、PL学園の終焉を飾る逸材を育てた母親とは?

かつての野球名門校であり、多くのプロ野球選手を輩出したPL学園の終焉を、誰が想像することができたでしょうか?

その終焉を飾る選手として、名前が上がっているのが中川圭太選手です。

PL学園卒業後は東洋大学へと進学し、1年生からレギュラー入りを果たします。

4年生の春までに「東都大学野球連盟」で、ベストナインを4回受賞し、5シーズンで3回のリーグ優勝に貢献してきました。

タイプの似た選手として第二の今岡 誠(PLの先輩)と言われるほど。

2018ドラフト会議では、中川選手はオリックス7位指名となりました。

#ドラフト会議2018

業界では、リーグを代表する強打の内野手になる逸材とも噂されています。

そんな中川圭太さんを育て上げた母親って、いったいどんな人なのでしょう?

母・律子さんとのツーショット画像がこちらです。

鼻や口元など、圭太さんとよく似ていますね。優しくて、可愛らしい印象のお母さんです。

一流のスポーツ選手を支援するには、経済的にも精神的にも余裕がないと大変な気がしますが、女手一つでよく頑張って圭太さんを育て上げたと、本当に感心します。

小学生から野球をやらせていたということですから、毎日どっさりの洗濯物、食べ盛りのスポーツ選手に栄養面でも気を遣って食事の用意をしてきたのではないでしょうか。

おかげで180cm、75kgと、野球選手として恵まれた体型に育ち、活躍できた中川選手。

PL学園時代の苦悩や、頑張りを一番近くで見守ってくれたお母さんには、感謝してもしきれないないでしょうね。

2018ドラフト会議でオリックスに7位指名となりました。プロ野球選手としてお母さんに安心してもらえるよう、今後も頑張って欲しいですね。

Sponsored Link

まとめ

『2018ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』 ( TBSテレビ)に、PL学園の60期生・東洋大学のキャプテンで、強打の内野手として活躍した中川圭太さんが出演されます。

母子家庭で育った中川選手。今秋ドラフトではオリックスに7位指名されました。リーグを代表する強打の内野手になる逸材とも噂されています。

女手一つで、中川選手が小さい頃から野球少年として育てあげた母親の律子さん、プロ入りの夢が叶い、本当におめでとうございます。

オリックスでの活躍が楽しみですね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です