50代半ばでフィリピン セブ島へ短期語学留学を決意!金額や日程、プランの内容についても詳しく解説します。

私の若い頃の夢はスチュワーデスになることでした。今で言うところのCAさんですね。

幼い頃に見た「アテンション・プリーズ」というドラマの影響もあり、カッコいい制服を着て飛行機に乗り、世界中を飛び回る華々しい仕事に大きな憧れを抱いていました。

そのために英語も一生懸命勉強したつもりですが、夢は叶わず、普通の会社の事務員として働きはじめました。その後結婚して二人の子供にも恵まれました。

日本の会社で働き、日本語だけを使う生活。若い頃に習った英語は使う機会もなく、ほとんど忘れてしまいました。

気がつけば二人の息子は独立し、子育てが終わった今、やり残したことと言えば、やはり世界を見たいという想いでした。

若い頃の夢をもう一度思い出した私は、40代になってからまた英語学習を再開しました。

自分なりにお金をかけない学習法を模索しながら英語に触れる機会を増やしていきました。

地域の英会話サークルに入会したり、国際交流イベントに参加したり、ネットの言語交換サイトで海外に友達も作れるようになりました。

そして50代半ばになった今、私はフィリピンへ短期語学留学することを決意しました。

2018年11月に、セブ島に4週間の語学留学に行ってきます!

Sponsored Link

50代半ばでフィリピン セブ島へ短期語学留学を決意!

私が選んだのは、フィリピン、セブ島の語学学校、4週間のコースです。

今までお金をかけない英語学習を模索しながら、テレビやラジオ、ポッドキャスト、言語交換サイトなど、自分なりに色々な方法を試してきました。

実際に言語交換サイトの「 italki 」では、現在も週一で話せるイギリス人の友達が二人います。

完璧ではないにせよ、意思疎通が図れる中級レベルくらいまでになったところですが、ここへ来て一日中英語の中で過ごしてみたい…という気持ちが湧いてきました。

仕事で英語を使っている訳でもなく、週一回(1時間)の会話だけでは自分の英会話力を伸ばすのには限界があるのかな?とも思いましたし、何より日本語の通じない国で、自分がどれだけ頑張れるのか試してみたいという気持ちがふつふつと湧いてきたのです。

“Life is short!” 私のランゲージパートナーは、よくこの言葉を使います。「人生は短い。やりたいことをやるのは今でしょ!」林修先生じゃないけど。

50代半ばとなった今、「そのうちに…」はもう来ない、今やらないと一生できないと思ったのです。

知人の息子さん(大学生)が、フィリピン語学留学に行って英会話力をつけてから、ニューヨークへ留学したという話を聞いたのも私の背中を押した一つの要因です。

リゾート地であるセブ島は、フィリピンの中でも比較的治安も良いようです。ただし、夜の独り歩きなどはもちろんNGですね。

金額やプランの内容、日程についても詳しく解説!

留学にかかる金額

まず、フィリピンを選んだのはコスパが良いということ。オーストラリアやカナダなどと比べると、とにかく安いです。

英語が公用語として使われているため、高等教育を受けているフィリピン人は、とても綺麗な英語を話します。

28日間の滞在で事前の支払いは、授業料・ホテル滞在費・食事代・洗濯代までついて全部で約30万円。プラス飛行機代(往復で約5万円)です。

この他に現地で支払いが必要な、国の学習許可証発行料、教材費、学校の水道光熱費、ピックアップ費用などが約3万円ほど。

学校には寮もあり、2人部屋、4人部屋などが利用できます。(二段ベッド使用)

もし、ホテル滞在でなく、寮生活で4人部屋でも良いならば、おそらく私のプランの半額くらいです(30万円→15万円)。

金額を抑えたい人や、友人や家族と一緒に行きたい人にはお得なプランですね。

私は一人でないと眠れないのと、誰かに気を遣わず快適に過ごしたいと思い、少し奮発してホテル滞在を選びました。この歳で見ず知らずの他人と4人部屋は、はっきり言ってキツいと思いました。

今回滞在予定のホテル画像はこちらです。

数年前に友人とバリ島旅行に行きましたが、お盆シーズンだったこともあり、22万円かかりました。3泊5日(機中1泊)で…。

それを考えると、授業料も含んで30万円はかなりリーズナブルだと思います。

今回のコースは、ホテルのシングルルームに滞在、学校までは徒歩10分ですが、バスの送迎があります。

月~金は授業があり、学校の食堂で3食付き。土日は授業は休みですが、学校へ行けばブランチと夕食が食べられます。日本食テイストの料理や多国籍に合わせた料理も提供されるようです。

食事はこんな感じです。学校給食みたいですが、なかなかバランス良さそうですよね。

まだ食べていないので何とも言えませんが、代理店のスタッフさんは研修に行った経験から「美味しかった」と言っていました。私は大抵の物は食べられるので大丈夫かと思います。

外食でも日本の三分の一くらいの金額らしいので、たまには街中でフィリピン料理も食べてみたいですね。

日本食のレストランもけっこうあるようですし、ホテルの1階には居酒屋まで…(ちょっと嬉しいかも)。

プランの内容は?

一日の授業内容は次の通りです。

・朝のブレイントレーニング(発声練習を兼ねて脳を目覚めさせる)(30分)選択可
マンツーマンの50分授業・毎日5コマ(50分×5)
・グループレッスン2コマ(50分×2)選択可
・ヨガ(またはダンスで運動不足解消)1コマ(50分)選択可
・アメリカンアクセント(50分)選択可
・ナイトクラス(洋画などを観て楽しみながらの授業)(50分)選択可

基本は実践的な会話に特化したマンツーマン授業の5コマ。選択可の授業は、全部受けてもいいし、選んで受講することもできます。

全部受講すると1日に11コマで550分になります。朝から夜まで、しっかり英語漬けですね。

今日は疲れてるな~と思ったら、マンツーマン5コマとヨガだけでもOK。朝の登校時に選択授業の出席を申請するようです。

今までの受講者のうち、ほとんどの人が夜まですべての授業を受講しているというお話しでした。みんな頑張りますね!

洗濯物も無料で週に二回預けることができ、2~3日後に返却されます。

つまり、現在私が主婦として毎日やっている掃除、洗濯、食事の心配は一切不要になります。

土日は観光するも良し、近くのスパやショッピングモールに行くも良し、学校で自習しても良いのです。

楽しみながら英語の勉強に専念できるようなシステムになっています。

留学の日程は?

当初、私は3ヶ月のコースに申し込みをしようと、やる気満々で長男に相談したところ、突然のフィリピン行きに驚きの色を隠せない長男は言いました。

「はぁ?ちょっと待って!」面食らった様子の長男。「えーと、あのさ…」しばらく沈黙。

「初めて行く国でしょ?想像していたのと違っていたら、3ヶ月間ずっと我慢するのは辛いと思うよ。せめて1ヶ月くらいにして、物足りないな~と思いながら帰ってくるくらいがいいんじゃないかな?」

「うん…そう。もし、楽しかったなぁ~良い経験ができたなぁ~と思ったら、また行けばいいじゃない?」

なるほど~!冷静な意見です。

それで、まずはお試し感覚で4週間のコースに申し込みすることにしました。

代理店の担当者に聞いたところ、8~9月の夏休み中は大学生がとても多いので、その時期は外した方が良いとのこと。

確かに、20代の大学生ばかりの中で、50代のおばさんが4週間過ごすのは、ちょっと厳しい気がします。

それで、11月中旬から12月初旬までの4週間のコースを選びました。

フィリピンは日本との時差が1時間(日本が9時ならフィリピンは8時)。時差ボケの心配も無さそうです。

フライト時間は約5時間です。アジア圏で親日国であることも安心でした。

以前、フィリピン人講師のオンライン英会話をお試しで数社受講したことがありますが、講師は皆とても熱心で一生懸命に教えてくれました。

中にはちょっと訛っているな…という講師もいましたが、私の目的はアナウンサーになることではなく、英語の中で生活をすること。

安価で英語学習ができ、フィリピンの中でもリゾート地であり比較的治安の良いセブ島は、初めての語学留学をする私には向いているのでは?と思いました。

キリスト教徒が多いセブ島では、11月になるとそろそろクリスマスの準備も始まっているとか。異文化に触れるチャンスなので、たくさん見て聞いて体験してこようと思っています。

セブ島の青い海でホエールウォッチングもしてみたいです。

Sponsored Link

まとめ

50代半ばにして、長年の夢だった語学留学を決意しました。

選んだのは、フィリピン・セブ島4週間、ホテル滞在コースです。

まずは自分を英語の中に置いて、どこまで頑張れるか、短期ではありますがお試しで行ってきたいと思います。

事前の準備や体験記なども、おいおい記したいと思います。

留学経験の無かった私が、50代半ばにして初の語学留学!無謀か?新しい何かが見えてくるか?私自身未知の世界です。

良いことも悪いことも、体験談を全部記したいと思っています。

乞うご期待!

【関連記事】

・いよいよ待ちに待ったフィリピン留学がスタートしました。地元群馬を出発してからセブ島までの旅の様子、入校初日の出来事についてはこちらの記事でご紹介していますので是非ご覧ください。

初めての語学留学・群馬から成田、そしてフィリピンへ!セブ島って危険じゃないの?

・私が海外に友達を作ることができた無料の言語交換サイト italki についてはこちらの記事で詳しく解説しています。まずはスカイプで海外の人と話してみたいという方は、是非ご参考になさってください。

言語交換サイトおすすめは「italki」無料でネイティブと英会話を楽しむ方法!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

 

2 Comments

ハッスィー

初めて投稿します。植物男子ベランダーを見ていること、赤城山を愛していること(私は実は男体山も、老神温泉も好きです。)、そして英語の勉強を熱心にされていること、共通点が多く、楽しくブログ読ませていただいています。遂に留学を決意されたとのこと、行動力感服いたします。是非楽しんできてください。

返信する
uminoshizuku

ハッスィーさん、いつもご覧いただきありがとうございます。コメントまでいただき、本当に嬉しく思います。
フィリピン語学留学は、かなり思い切っての決断ですが、人生の折返し地点をとっくに過ぎた今、後悔のないよう生きたいと思いました。どんな珍道中になるのか、自分自身不安でもあり、楽しみでもあります。体験談も載せていこうと思っておりますので、これからもご覧いただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です