健康長寿・筋肉にはカニカマが最強!筋肉のスペシャリスト谷本道哉先生がカニカマを勧める理由とは?

9月25日「林修の今でしょ講座」では、健康長寿の秘訣として、冷蔵庫に常備できる食品を紹介しました。

そこで、筋肉を老けさせない食材として取り上げたのがスーパーで簡単に買える「カニカマ」です。

安価で調理の必要も無く、お弁当の彩りにも最適な「カニカマ」がなぜ筋肉のために良いのでしょうか?

筋肉の専門家・谷本道哉先生が高齢者に勧める理由についても検証してみましょう。

Sponsored Link

健康長寿・筋肉にはカニカマが最強!

健康長寿のお年寄りがよく食べている食材として「カニカマ」があげられるそうです。筋肉にはカニカマが最強なのだそうです。

カニカマはむしろ蟹を超えたとも言えるほどだそうです。

カニカマが最強な理由

・原材料が良い!
 捕れたばかりのスケトウダラをすり身にしたものと、卵白を使用しているため、手軽に最高のたんぱく質を摂ることができる。

・カニに似せた結果、極限まで裏ごしされたあと繊維質の形状になっている。これによって表面積が増え、消化吸収されやすくなる。
 さらに、工程の途中で加えられるでんぷんが筋肉の合成を助ける作用がある。

・鮮度を保つため、捕れた船上で内蔵を取り出したあと、水にさらしてから運ばれる。水にさらすことで、脂肪分がほぼゼロになる。

・赤い着色はトマトとパプリカの色素(リコピン)で活性酸素を抑制し老化を防ぐ働きがある。

筋肉のスペシャリスト谷本道哉先生がカニカマを勧める理由とは?

筋肉のスペシャリスト谷本道哉先生とは?

谷本 道哉(たにもと みちや)
1972年生れ(45歳)
近畿大学生物理工学部准教授
運動生理学者、筋生理学者

NHKの「みんなで筋肉体操」の解説者として一躍脚光を浴びた筋肉のスペシャリスト。

ボディービルダーとしても有名です。

谷本道哉先生がカニカマを勧める理由とは?

カニカマは、調理の必要が無いので、どこでも簡単に食べられる。

肉などの脂っぽいものは消化も良くないのでたくさん食べられないが、カニカマは脂肪分がほとんどないので胃もたれしない。

ダイエット中の人でも脂肪を気にせず良質のたんぱく質をたくさん摂ることができる。

加工の途中で添加されているでんぷん(糖質)は、筋肉の合成反応を促すためのエネルギー源になると同時に、インスリンの分泌を促すことによって、より筋肉の合成を助ける。

赤い着色料は植物由来のリコピンで、抗酸化作用によって細胞の老化を抑制する。

本物の蟹には糖質は入っていないため、筋肉の合成の面で考えると、カニカマは蟹を超えたと言えるそうです。

運動したあと30分以内にたんぱく質を摂ると、より筋肉の合成反応が進むのでお勧めとのことです。

ただし、カニカマやかまぼこなどの練り製品には塩分が多いので、食べ過ぎには注意が必要だそうです。

一日に、大きいサイズのものなら1本、小さいものなら5本くらいが目安です。

Sponsored Link

まとめ

「蟹の偽物」との汚名を着せられたカニカマは、究極の節約食材と思われがちですね。

しかし、本物の蟹を追求した結果、かえって蟹よりも体に良いものが出来上がったそうです。

手軽に食べられるカニカマで、筋肉が増強されるなんて、嬉しいですよね~

味も値段も効能も、すべてが庶民の味方のカニカマ!是非、冷蔵庫に常備したいですね。

運動したら、30分以内にカニカマを食べる習慣をつけて、強い筋肉をつくりましょう。

 

【関連記事】

・「カニカマ」の効能を解説した谷本道哉さんの経歴やプロフィールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。筋トレブームに大きな影響を与えている谷本道哉さんの魅力についてご覧ください。

谷本道哉・筋肉のスペシャリストは近畿大学准教授!【動画】テレビでひっぱりだこなのは筋トレブーム?

・筋肉のスペシャリスト、谷本道哉先生が解説をおこなったNHKの「みんなで筋肉体操」が大反響を呼び、続編が検討されているそうです。「みんなで筋肉体操」についてはこちらの記事をご覧ください。

NHKみんなで筋肉体操が話題に!出演者の俳優、弁護士、庭師が深夜に5分の筋トレ【動画】

最期までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です