植物男子ベランダー「馴染みにしている花屋」ロケ地はどこ?花屋の名前は?

NHKドラマ「植物男子ベランダー」は、田口トモロヲさん演じるバツイチの中年男(自称ベランダー)が、都会のベランダで様々な植物を育てながら、その生育状況に一喜一憂する日々を描いたドラマ。(NHK総合・土曜よる11時30分〜11時59分)

植物に愛情を注ぐことで、一人暮らしの寂しさも感じさせない。むしろ趣味に没頭できる姿が羨ましくもあります。

毎回、植物についての簡単な説明があり、知識が深まります。そういうところが「ためになる教育番組・NHK」らしいですね。

また、ドラマの中で何曲も流れる週替りのBGMがとても素敵で、肩の力を抜いてのんびりと観ていられる癒し系ドラマと言ってもいいでしょう。音楽と植物にほっこり、リラックスできるドラマです。

さて、このドラマの中で、主人公のベランダーが訪れる「馴染みにしている花屋」のロケ地はどこでしょう?

(画像:NHK公式HPより)

Sponsored Link

「馴染みにしている花屋」ロケ地はどこ?

ベランダーが通う、品揃えの良いガーデニングショップのロケ地はどこでしょうか?

その「馴染みにしている花屋」の名前は?

プロトリーフ ガーデンアイランド玉川店

158-0095
東京都世田谷区瀬田2-32-14
玉川高島屋S・C ガーデンアイランド2F
TEL:03-5716-8787
FAX:03-5716-8788

「都市と自然が調和する二子玉川に位置する、都内最大級の園芸店」とあります。

都内最大級と言うだけあって、本当に素晴らしい品揃えですね。園芸用品のすべてがここで手に入るようです。

オンラインショップもありますし、セミナーやワークショップもやっているうようですので、植物男子、植物女子はもとより、これから園芸を始めようと思っている方も、覗いてみてはいかがでしょう?

観葉植物や季節の花々、珍しい多肉植物がディスプレイされている中を歩くだけでも癒やされる気がします。

主人公のベランダーは、ここで気になる花を買い、気になる店員さんに会うのが楽しみになります。

「ちょっと花屋へ出掛けてくる」というシーンがありますが、私も、近くにあったら毎日通いたくなるようなお店です。

Sponsored Link

最後に

植物を上手に育てるのはとても難しいことですね。まさに生命の神秘としか言いようがありません。

ベランダーも第6話の中で言っていますが、「植物ってやつは人間の常識が通用しない。どんなに一生懸命世話しても枯れるし、いい加減にやっても咲くことがある。つまりだなぁ、うまくいかないことのほうが多いんだ。」

世話をしても枯れて、また世話をして、今度は花が咲いて…。植物も人間も、育てるって、そういうことですね。

いい加減にやっても咲いてくれた花には感謝です!

【関連記事】

・山田孝之さんがナレーションを務める「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」が9月27日(木)夜11:00~11:30にEテレで放送されます。番組の魅力について分析してみましたので、こちらの記事をご覧ください。

植物に学ぶ生存戦略・ベランダーファン必見!異色続きのNHKが山田孝之を起用し植物の生態を探る!

・番組中にはそれぞれのシーンに合った素敵なBGMがたくさん流れます。番組中のBGMやエンディングの曲名については、こちらでご紹介していますので、是非ご覧ください。

「植物男子ベランダー」のBGMやエンディング曲は?週替り音楽の曲名をチェック!

・ベランダーが思いを寄せる馴染みの花屋のかわいい店員、木下楓役の女優さんについては別記事でご紹介していますので、是非ご覧ください。

植物男子ベランダ―、花屋のかわいい店員「木下楓」役は誰?

最期までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です