「ラプラスの魔女」ボディーガード役 TAOさんの経歴と過去の出演映画。

櫻井翔さん、広瀬すずさん、福士蒼汰さん、高嶋政伸さん、玉木宏さん…という豪華なキャストで、映画「ラプラスの魔女」が5月4日公開されました。

小説「ラプラスの魔女」は東野圭吾作家デビュー30周年記念作品にして、80作目の作品「空想科学ミステリー」

ラプラスの悪魔・・・それは、19世紀の数学者・ラプラスが提唱した “計算によって、未来を予見できる知性”。

ラプラスの悪魔、魔女となった若い二人と、事件の真相を突き止めようと奔走する周りの人間達。そして家族の秘密が見どころです。

豪華なキャストが揃う中で、世界で活躍するスーパーモデルのTAOさんに注目してみました。

Sponsored Link

TAOさんの役どころ

特殊な能力を持つ主人公の羽原円華(広瀬すず)のボディーガード「桐宮 玲」役として出演しているTAOさん、この映画の中でもスーパーモーデルの経験で培ったクールビューティーを余すところなく見せつけています。

Twitter上でも、気になっている人が多いようですね。

TAOさんのプロフィール

・生年月日 :1985年5月22日(32歳)
・出身地: 千葉県
・身長 :177 cm
・血液型 :AB型

日本の女優、元ファッションモデル。本名は岡本多緒、日本国外では“Tao Okamoto”として知られる。14歳でモデルデビュー。高校時代のイギリス留学で養った語学力を生かし、2006年に単身でパリに行き、エリート・モデル・マネジメントに所属。世界的に高い評価を獲得し、数多のファッションショーへの出場経験や、アジア人初となるラルフ・ローレンなどの広告にも登場している。2013年ウルヴァリン: SAMURAIのヒロイン役で女優としてハリウッドデビューを果たす。(出典元:Wikipedia

本当に、うっとりするほど美しいですね。

2016年、雑誌『The Last Magazine』の共同編集長テンジン・ワイルド氏と結婚しています。

私としては、スーパーモデルとしてファッションショーに出演されたり、雑誌VOGUEの表紙を飾っているという印象が強かったのですが、過去にも映画で大役を務めていらっしゃいました。

過去の出演映画

2018年「マンハント」(福山雅治 & チャン・ハンユー のダブル主演)では、主演のチャンを誘惑する社長秘書役。

2016年「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(ベン・アフレック 主演)では、バットマンとスーパーマンの陰で謎の行動をとる男、レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)の秘書マーシー・グレイブス役。

2015年「クロスロード」(EXILE 黒木啓司 主演)では、フィリピンに派遣される青年海外協力隊員役。

2013年「ウルヴァリン:SAMURAI」(ヒュー・ジャックマン 主演)では、ヒュー・ジャックマン演じる哀しみのヒーローの相手役。

Sponsored Link

今後のご活躍に注目

14歳でモデルデビューするのも凄いですが、高校時代にイギリス留学もというのも、思い切りの良さと度胸が感じられますね。

その後、活動拠点をパリやニューヨークに移し、さまざまな雑誌やショーで人気ファッションモデルとして活躍しながら、ハリウッド大作映画に抜擢されています。

海外で日本人が認められるのは、並大抵の努力ではなかったと思います。

子供の頃は、背が高いことがコンプレックスだったようですが、今や世界が注目するファッションモデルであり、ハリウッド女優として大活躍ですね。

女性から見ても、あのスタイルと魅惑的な表情には惹きつけられます。

モデルとしても、女優としても、今後のご活躍が楽しみです。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です