サッカー・カミソリで相手選手を切りつける!【動画】トルコ3部リーグでキックオフ前から隠し持つ?

「サッカー選手が手にカミソリの刃を隠し持ち、何人かの相手選手を切りつけた」という、あり得ないニュースが報じられました。

事件が起きたのは、3月2日に行われたトルコ3部リーグ第24節「アメドスポル 対 サカリヤスポル戦」です。

本当に衝撃的ですが、どうしてこんな事態が起こったのでしょう?

Sponsored Link

サッカー・カミソリで相手選手を切りつける!【動画】

では、問題の動画を観てみましょう。

(下記ツイッターをクリックして動画をご覧ください)

問題行動を起こしたのはアメドスポルのMFマンスール・カラール選手(33歳)です。

どんな選手なのか、あまり情報がありませんが、スポーツの世界でこんなことが起こるなんて、本当に残念ですね。

格闘技などと違って、試合前のボディーチェックなども無いと思いますので未然に防ぐことは難しかったのかもしれません。

トルコ3部リーグでキックオフ前から隠し持つ?

トルコと言えば、スュペル・リグで活躍中の日本人選手、香川真司選手、長友佑都選手が有名ですね。

また、トルコは熱狂的なサッカーファンが多いことでも知られています。

今回の騒ぎは3部リーグで起こりました。

キックオフ前に両軍のチームがメインスタンドに向かって整列している際、マンスール選手が左手に何かを隠し持っている様子が繰り返し映像で報じられています。

キックオフ前からカミソリ刃を用意していたとなると計画的な犯行ですが、何かよほどの恨みでもあったのでしょうか?

マンスール選手とピッチ上で接触があった相手チームのDFフェルハット選手は試合後、インスタグラムに自身の写真を掲載し、首のあたりの複数の切り傷をアピールしています。

確かに、痛々しい傷跡が残っていますね。

この騒動で、アメドスポルはこれを否定する声明を出したそうですが、『CNN』によると、地元警察が調査に動くことが決まっているとのことです。

乱闘になるシーンは目にすることもありますが、こんなことは前代未聞ですね。

Sponsored Link

まとめ

3月2日に行われたトルコ3部リーグ第24節「アメドスポル 対 サカリヤスポル戦」で、アメドスポルの33歳MFマンスール・カラール選手がカミソリ刃で相手選手を切りつけるという事件が起こりました。

映像には整列時から何かを隠し持っている様子や、相手選手と揉み合いになっている様子、また切られた選手の傷跡などが映し出されています。

キックオフ前からカミソリ刃を隠し持っていたということは、計画的犯行ということになりますね。

スポーツの世界でこのようなことが起こるのは本当に残念ですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です