50代半ばでのフィリピン留学の体験談!人生が変わるリピート必至の楽しさと達成感は友達作りにあり!

50代半ばでのフィリピン・セブ島留学。4週間を無事に終了し、卒業証書をもらって帰国しました!

無謀とも思われた私の挑戦ですが、帰国時には「帰りたくない病」になるくらい、セブでの生活が好きになっていました。

必ずまた来たい!と思えるほど私の心を掴んだのは、素敵な友達との出会いでもあります。

今思えば、あっという間の4週間でしたが、本当に中身が濃く充実した楽しい日々でした。

本当に、人生が変わったと思っています。

Sponsored Link

50代半ばでのフィリピン・セブ島留学の体験談!

以前の記事でも記していますが、50代半ばでのフィリピン・セブ島留学には正直言って不安もありました。

まずは、この歳で異国へ行って頑張れるエネルギーがあるのか?若い子が圧倒的に多い中で、一人だけ浮いていたら嫌だなぁ…。そんな不安があったのは事実です。

でも、たった4週間でもいいから若い頃から夢であった留学を体験してみたい!後悔したくない!という気持ちが強く、思い切って留学を決意しました。

平日は、マンツーマン授業5コマと、グループレッスンのディスカッションとカンバセーションが1コマずつ、そしてヨガのクラスが1コマで、朝8時から夕方の17:50まで授業を受けました。

運動不足解消のためにも、またリラックスするためにも、英語で受けるヨガの授業は本当に楽しかったです。

朝食、昼食、夕食も学校内のダイニングで食べることができますが、慣れてくると、友達と外食やスパにも出かけました。

週末(土日)には、友達とツアーに参加してセブ島のリゾートを訪れ、この歳にして初めてのシュノーケリングや滝壺へのダイブ、ウォータースライディングにも挑戦しました。

南国セブ島の青い海、白い砂、たくさんの美しい魚達にすっかり魅了されました。

初日こそ緊張してはいたものの、一緒に入学したバッチメイトともすぐに打ち解けることができ、年齢差を感じることもなく本当に毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

出発前に抱いていた不安など、全く不要だったのです。

人生が変わるリピート必至の楽しさと達成感は友達作りにあり!

昨日帰国したばかりですが、もう一度行きたい気持ちでいっぱいです。

英語力もアップしました。言葉がどんどん出てくるようになったので、私としては英語の環境の中で話す力がついたと実感しています。

人生が変わるリピート必至の楽しさと達成感は、友達作りにあったと思っています。

誰にでも積極的に話しかける勇気があれば、友達はたくさんできます。

一人で異国に語学留学に来ているという不安は誰もが抱いている感情ですから、話し相手がいるだけでも心強いですね。

後から入学してきた人にはこちらから声をかけて、わからないことは教えてあげるよう心がけました。たとえそれがおせっかいでも。

分からないことと言っても、安いスーパーはどこにあるとか、両替はどこでできるとか、洗濯物はどうやって受け取るのか?とか。

一週間先に入学していたら誰でも分かることですが、こんなことを教えてもらえるだけでも初めは安心です。

情報は一つでも多い方がいい。

せっかくフィリピンまで行っても、一緒に楽しめる友達ができなかったら、これほどの達成感はなかったのではないかと思っています。

多国籍の友達もたくさんできました。

台湾、中国、韓国、ロシア、サウジアラビアなどから来ている人達とも一緒に学ぶことができて、学校内のダイニングで食事をしながらそれぞれの文化について話したのも良い経験でした。

滞在中に、友達の一人が誕生日を迎え、シェーキーズで大勢集まって誕生日パーティーをしたのも最高の思い出です。

お店のスタッフがファンキーなダンスと歌で祝ってくれて、フィリピン人の陽気な気質とホスピタリティーにも胸が熱くなりました。

それぞれ年齢や仕事、環境も異なるところからやってきた人達と、語学習得という共通の目標の上で、実にたくさんの楽しみや達成感を共有することができました。

週単位で行われる卒業式では、まだこの先も滞在する多くの友達が祝ってくれました。

仲良くなった友達との別れは本当に後ろ髪を引かれる思いで涙が止まりませんでした。

人生が変わるほど、こんな素敵な留学になるなんて夢にも思っていなかったのです。

 

帰国した私の様子を見に、今日長男が訪ねて来ました。

私が嬉々として語るフィリピンでの思い出話に、「留学は大成功だったね」と笑顔で言ってくれました。

Sponsored Link

まとめ

50代半ばでのフィリピン・セブ島留学は、大成功のうちに幕を下ろしました。

20代~30代の留学生がほとんどでしたが、ちょうど彼らの母親の年齢である私をみんなが暖かく迎えてくれて、そして慕ってくれました。

若いフィリピン人講師達までが、自分の母親と私を重ね合わせていたようです。

南国セブ島の自然の美しさにも魅了されましたし、毎日の学校生活もリピート必至の楽しさでした。

多くの素晴らしい友達と出会えたことに心から感謝しています。

こんな展開になることを誰が想像していたでしょう。

フィリピン留学で人生が変わります。

もし、シニアでの留学に躊躇している方がいたら、私は迷わずこう言います。

JUST DO IT!

 

【関連記事】

・フィリピン セブ島留学も3週間が過ぎました。日帰りで簡単に出かけられるリゾート地、マクタン島から舟でオランゴ島へ行ってきました。綺麗な海の様子をご覧ください。

セブ島留学中に日帰りで簡単に行けるリゾート!マクタン島ヒルトンポートから舟でオランゴ島へ!

・4週間のセブ島留学も、早いもので半分終わってしまいました。せっかくなので学校の友達とツアーに参加しました。モアルボアル・カワサン滝のアクティビティーについて、ご紹介しています。

セブ島留学ついでにツアーに参加! モアルボアルとカワサン滝のアクティビティーが楽し過ぎる!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です