セブ島留学ついでにツアーに参加! モアルボアルとカワサン滝のアクティビティーが楽し過ぎる!

50代半ばでのフィリピン・セブ島留学も2週間が過ぎました。

いつの間にか多国籍の友達がたくさんできて、友達の友達ともみんな仲良しになりました。

日本は今11月後半でこたつが活躍している頃ですね。ホテルのケーブルテレビでNHKプレミアムだけが日本語で観られます。

せっかく常夏のリゾートに来ているのですから、フィリピンでしかできないことがしたい!ということで、まずは無理のないツアーに参加することにしました。

Sponsored Link

セブ島留学ついでにツアーに参加!

留学の期間は人によって週単位で皆違うため、長い人は数ヶ月、短い人は1週間と人それぞれです。

長く居る人はそれなりに現地のツアーガイドを知っていたりして、とっても頼りになります。

そして優秀なツアーガイドは次に留学にやってくる後輩に紹介されるという良いパターンが出来上がっています。すごいですね!

ツアーは人数が多ければそれだけ安くなるということで、グループレッスンで顔を合わせている友達にも声をかけ、日本人、中国人、台湾人の14人が参加することになりました。

朝5時にホテルでピックアップ、日帰りで一人2500ペソ(日本円で5400円くらい)と、かなりお得です。

お昼代は別ですが、ボートでのアイランドホッピング(燃料代込み)各種アクティビティーには5人のガイドがアシストしてくれることとなりました。

英語の勉強のために留学しているので、当然日本語通訳はつきません。現地のツアーガイドには英語が通じるので大丈夫です。

彼らのホスピタリティーには、このあとかなり感動することとなりました。

モアルボアルとカワサン滝・アクティビティーが楽し過ぎる!

今回は、モアルボアルのアイランドホッピングと、カワサン滝のアクティビティーに参加することになりました。

モアルボアル・ペスカドール島へのアイランドホッピング

朝早くセブシティにあるホテルを出発して、車で約3時間ほどでモアルボアルへ到着。

南国に来ているぞ!と思える透明度の高い青い海と白い砂。

ボートに乗ってペスカドール島へとアイランドホッピングです。

シュノーケリングをアシストしてくれたのは彼らです。まだ10代でしょうか?でも本当に海の男って感じで頼りになるんです。

シュノーケリングは生まれて初めての経験でしたが、彼らのお陰で存分に楽しむことができました。

ライフジャケットを付け、シュノーケルを口に咥えて真っ青な海の中を覗くと、遠くまで広がる珊瑚礁と綺麗な魚がたくさん見えました。

ボートの近くでぷかぷか浮かんでいるだけでも十分満足だったのですが、ガイドの一人が一番高齢の私を気遣ってくれたのか、「もう少し向こうまで泳いで行こう!」と言ってくれました。

「私はそんなに泳げない」と言ったら「僕がついてるから大丈夫だよ!君はただ浮かんでいればいい、一緒に行こう!」と言って私の手をとり、泳ぎだしました。

こんな言葉、30年前でも言われたことはありません!

もう、嬉しくてキュンキュンしてました(#^.^#)

息子よりも若いガイドさんに手を引かれ、海中の美しさに見とれていると、「ちょっとここで待ってて」と言って彼は3〜4mくらい下の海底へと潜って行き、青いヒトデを掴んで戻って来ました。

「ほら、触ってごらん、ヒトデだよ、石みたいに硬いんだ」これを私に見せるために、潜ってくれたのだと思うと、もう私はそれこそ有頂天です!

危うく惚れそうになりました!

可愛いウミガメにも出会うことができて、もう最高です!

そのあとまた少しボートで移動すると、今度はイワシの大群が泳ぐ場所へとやって来ました。

「イワシの中へ潜りたい」と言うと、ライフジャケットを外して、ワン・ツー・スリー!で体を海中へと押し込んでくれます。

あまりよく写っていませんが、私の周りはイワシの大群です!おそらく、もうこんな経験は二度とできないことと思います。

忘れられない貴重な体験、そして美しい思い出ができました。

ボートの先端から5人のガイドが一斉にイルカのようにバック転ジャンプして海にダイブして見せたり、お客さんを楽しませようとする彼らのホスピタリティーは、本当に感動ものでした。

カワサン滝・アクティビティーが楽し過ぎる!

次に訪れたのはカワサン滝。南国特有のヤシの実などが林立する道を登っていくと、エメラルドグリーンの滝壺が現れました。

川を渡り、足場の悪い道をさらに登っていくと三段階のレベルのアクティビティーを楽しむことができます。

ただ泳ぐも良し、スライディングターザンロープからのダイブもめちゃくちゃエキサイティングです。

さらに上級者は、高さ11mから滝壺へのダイブなど、自分の体力と度胸を考えてどこまでやるのかを決めましょう。

一番上の滝までは足場の悪い道を20分ほど登る必要があります。

かなり大変でしたが、若いガイドさんがずっと手を貸してくれました。彼もきっと母親の手を引いているような気持ちだったのかと…笑

最高難度の11mのダイブ以外は全部チャレンジしました!

一生懸命に歩いて汗をかきましたが、滝壺の水は冷蔵庫の水のような冷水です

心臓の弱い方は要注意ですね。でも、一旦入ってしまえばそれほど冷たさを感じないから不思議です。

エメラルドグリーンの美しい滝壺も幻想的ですし、レベルに合わせたアクティビティーが楽しめるのも嬉しいですね。

Sponsored Link

まとめ

今回は、留学ついでに参加したモアルボアルでのアイランドホッピングと、カワサン滝のアクティビティーをご紹介しました。

青い海と白い砂浜。生まれて初めてシュノーケリングで覗いた海の中は、私の想像をはるかに超える美しさでした。

カワサン滝でのアクティビティーもめちゃくちゃ楽しくて、気持ちもすっかり若返りました。

そして、3日遅れの筋肉痛に悩まされています!笑

もしお出かけになる方は歩きやすいスイムシューズで行くことをおすすめします。

ビーチサンダルはNGです。

ますますフィリピンが好きになった素晴らしいツアーでした。

もちろん、英語の勉強もちゃんとやってますよー!

【関連記事】

・フィリピン留学は安いけれど、フィリピン人の英語は訛っているのでは?とご心配の方も多くいらっしゃると思います。実際に私が留学してみた感想、訛りとは何ぞや?を綴りました。

フィリピン人の英語は訛っているけど大丈夫?オンライン英会話や実際にセブ島留学してみて感じたこと!

・フィリピン セブ島留学も3週間が過ぎました。日帰りで簡単に出かけられるリゾート地、マクタン島から舟でオランゴ島へ行ってきました。綺麗な海の様子をご覧ください。

セブ島留学中に日帰りで簡単に行けるリゾート!マクタン島ヒルトンポートから舟でオランゴ島へ!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です