初めての語学留学・群馬から成田、そしてフィリピンへ!セブ島って危険じゃないの?

2018年11月12日、この記事はセブ島のホテルで書いています。

50代半ばでフィリピン セブ島へ短期語学留学を決意したのは今年3月。

あっという間にこの日を迎えました。

海外は数年前に友達と観光で出かけた3泊5日のバリ島のみ。

その時は、旅慣れた友人と一緒だったので心強かったのですが、今回はひとり旅。

出発の数日前になって急に心細くなってきました。

群馬の田舎から成田空港、そしてフィリピン・セブ島までの旅を綴ります。

Sponsored Link

初めての語学留学・群馬から成田、そしてフィリピンへ!

フィリピン・セブ島にはたくさんの語学学校があります。

私はヒューマンアカデミーという代理店を通して、IDEA ACADEMIA(イデア アカデミア)という学校に4週間の留学をすることにしました。

群馬県在住の私は、成田空港までは藤岡インターから出ている高速バス・関越交通を利用しました。

出発の1ヶ月前から予約ができ、料金は藤岡インターから成田空港第2ターミナルまで4400円。

9:05に藤岡インター発で、11:30に成田空港に到着。

3階のチェックインカウンターがある入り口前まで直通なのでとっても楽でした。

成田に着いて、私はすぐに両替所へ行き、円からフィリピンペソに両替してしまったのですが、これは早まった行動だったと後で分かりました。

フィリピンで両替した方がレートが良いのだそうです。

実際、入校初日の今日、学校のスタッフがショッピングモールに同行して両替させてくれたのでした。私以外・・・(泣)

航空券もヒューマンアカデミーが予約をしてくれて、フィリピンエアラインのセブ島直通便が取れました。

eチケットの印刷を持ってチェックインカウンターへ。

搭乗券を受け取り、スーツケースを預けてセキュリティーチェック・出国審査をクリアーしました。

出国審査は自動化ゲートがあり、パスポートを画面上に置いてカメラに顔を向けるだけで出国審査が完了する最新機器が導入されていました。

これ、めちゃくちゃ早いです!2020年に向けて空港も進んでいますね。

スタンプは押さないのですが、希望があれば押してくれます。記念なので押してもらいました。

とりあえずランチは日本食を食べておこうとレストランへ。

牛丼と小うどんのセットを食べました。

成田発14:25の予定が30分ほど遅れて出発。

なんと、機内食が16:00に出ました。えっ?もう?

まだお腹空いてないなぁ〜と思いましたが・・・食べました。

ポーク or チキンとのことで、ポークを選びました。マッシュポテトとカボチャのサラダが似たような感じでしたが美味しかったです。

お菓子(抹茶あずきケーキ)は食べきれず、バッグへ入れました。

気圧が下がってお菓子がパンパンになっていて、破裂するのでは?と心配しながら。

セブ島には19:00着。入国審査が長蛇の列で、待たされること30分。

ようやくセブ空港の外へ出ると、学校のスタッフが迎えにきていました。

混み合っている道路を、かなり荒い運転でヒヤヒヤしながらホテルに到着したのは現地時間の夜8時半くらいでした。(日本時間の9時半)

シャワーを浴びて、荷物を整理したり、家族や友達がにラインで「無事到着」を知らせたり、なんだかんだで気づいたら11時。

明日は7:30に迎えが来るので「あ〜もう寝なきゃ〜!って感じでした。

セブ島って危険じゃないの?

セブ島ってどんなところ?危険じゃないの?と、私も初めは考えました。

フィリピンの中でもセブ島はリゾート地なので、比較的治安は良いようです。

近年はコールセンターやITの基地としても世界中から注目されており都市開発が急速に進んでいる南フィリピンの中心地でもあるようです。

セブ空港はマクタン島にあり、大きな橋でセブ市と繋がっています。空港からセブ市内のホテルまで、荒い運転で(笑)30分ほどでした。

今日入校したのは私を含め5名。毎週月曜日が入校日と決まっていて、週単位で卒業となります。(最低1週間から、長い人は6ヶ月など)

オリエンテーションとレベルテストがあり、その後スタッフがショッピングモールへと連れて行ってくれました。

SMモールは、とにかく広くてびっくりしました。4階建て(多分)で1日では回りきれないほどたくさんのお店が入っています。

色々な物がとっても安いです。日本円で400円くらいの腕時計とか、サングラスも1000円くらいでちゃんとしたのが買えます。

リュックも日本円にして2000円くらいで立派なのがありました。こっちへ来てから買えば良かった!と思ったほど。

歩き疲れて、チョコワッフルを食べました。

午前中のレベルテストで脳を酷使したためか、めちゃくちゃ甘いものを欲していたのでした。

セブの中ではアヤラモールも有名らしいです。

ショッピングモールだけを見ると、日本のイオンモールを数倍大きくしたような発展ぶりですが、街のあちこちには貧しい人達の暮らしも見えます。

野良犬(飼われているのか不明)があちこちにいるのも目につきました。

スラム街のようなところもあるようですのでまだまだ発展途上ですね。

女性は一人で出歩かないように!と言われて、改めて日本との生活水準の違いを認識しました。

学校に戻り、レベルテストの結果に合わせてそれぞれに合ったテキストが配布されました。

それぞれ厚さ1cmほど。これ、毎日持ち歩くわけですが、結構重いです・・・。

Sponsored Link

最後に

念願の語学留学がようやくスタートしました。

群馬からフィリピンまで、何のトラブルもなくスムーズに到着できてホッとしています。

セブ島は危険な場所に行かなければ危険ではない、という結論です。

これはどこの国でも同じですね。日本でも行方不明になっている外国人旅行者がいるわけですから。

語学留学や観光で、決められた場所へ行くぶんには安全なところだと思います。

明日から授業が始まります。英語でのヨガレッスンもとっても楽しみです。

授業の様子もお知らせしていく予定ですのでお楽しみに〜

【関連記事】

・初めてのフィリピン留学がスタートして、困ったこと・びっくりしたこと・ショックだったことなど、私が感じたカルチャーショックについてはこちらの記事をご覧ください。

フィリピン・セブ島留学に来て困ったこと・びっくりしたこと・ショックだったこと

・私が50代半ばでフィリピン留学を決意した経緯、金額や日程、プランについては別記事で詳しくお知らせしていますので、是非ご覧ください。

50代半ばでフィリピン セブ島へ短期語学留学を決意!金額や日程、プランの内容についても詳しく解説します。

最期までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です