飯田怜・岩谷産業の広瀬永和監督はリタイアを伝達!プリンセス駅伝運営側はなぜ止めなかったのか?

10月21日のプリンセス駅伝2018で、岩谷産業の飯田怜選手が右足を負傷し、残り200mを四つん這いになり襷を繋いだシーンが放送され話題になっています。

アスファルト地面で引きずった膝は、擦りむけて血まみれになりました。アスファルトに引かれた白線の上に点々と残る血痕。

この状況に視聴者からは、「なぜ監督は途中で止めさせなかったのか?」と批判の声も多く上がっていますが、どうやら監督のリタイアの伝達が運営側に伝わるまでにタイムラグがあったようです。

監督のリタイアが伝達された後も、運営側は飯田選手を止めることをしませんでした。

なぜでしょう?

Sponsored Link

飯田怜・岩谷産業の広瀬永和監督はリタイアを伝達!

右足骨折で、四つん這いで襷をつないだ飯田怜選手。

 

飯田怜(いいだ れい)

19歳、熊本県 ルーテル学院高校出身
岩谷産業 陸上競技部所属

飯田怜さんは、今年岩谷産業に入社したばかりのルーキーですね。

広瀬永和監督はリタイアを伝達!

広瀬監督は、飯田選手が四つん這いで両膝を擦りむいて前進している姿を各チームの指導者が集まる監督室の映像で見たそうです。

飯田怜選手が倒れてからゴールまでは200m。そして、広瀬監督は「止めてくれ!」と運営側に伝えたそうです。

立てなくなった飯田選手が185mを這いつくばって進むまで、運営側には監督のリタイアの意志が伝わらなかったようです。

次の走者が待つゴールの手前15メートルで監督のリタイアの意志が大会運営側に伝わりましたが、役員は飯田選手を止めることはしませんでした。

飯田怜選手は右足脛骨(けいこつ)骨折で、全治3~4ヶ月とのことです。

広瀬永和監督の画像はこちらです。

広瀬永和監督のプロフィール

広瀬永和(ひろせ ひさかず)
生年月日:1965年7月16日(53歳)
出身地:兵庫県
学歴:立命館大学卒業

2001年アテネ五輪の女子マラソン金メダリスト、野口みずきさんを20年近く指導した広瀬永和監督が、昨年創部した岩谷産業陸上競技部の監督に就任しました。

2013年8月10日、野口みずきさんが出場した世界選手権モスクワ大会の女子マラソンでは、29キロ地点でふらふらになった野口さんを守るため、レースを止めたという経験もあります。

金メダリストを育てた経験から、選手の体調には日頃から気を遣っていたことでしょう。

今回も、飯田選手の今後のことも考えての判断だったと思うので、監督のリタイアの意志が伝わらなかったことは大きな問題ですね。

プリンセス駅伝運営側はなぜ止めなかったのか?

運営側の役員は、「ゴールまであと15メートルで飯田選手が動いていたから、見守ってしまった」そうです。

まず問題なのは、監督の意志がすぐに運営側に伝わらず、タイムラグが生じたことですね。

200mも手前で倒れた飯田選手が、185mを這いつくばって進む間、けっこうな時間があったと思いますが、監督の判断がすぐに伝わるようなシステムを作らないと選手生命にも関わることになります。

ルール上は審判長か医師の判断で止めることができるそうですが、今回の場合は監督がはっきりとリタイアの意志を示していたわけですから、ゴール直前であっても止めるべきだったでしょう。

しかし、賛否が分かれるところではありますが、襷をつなぐことの重さ、チームプレーの一員であるという責任感も忘れてはいけないところですね。

私も高校時代にチームプレーの部活に所属していたので、そばで「見守ってしまった」という大会役員の気持ちもよく分かります。

もしかしたら、その役員さんも襷の重さを重々承知している人なのかも知れません。

選手の体のことを考えると、監督が判断した通り、リタイアするべきだったのでしょうね。

しかし、リタイアした時の選手の無念を考えると、私も何も言えません。チームって、襷って、本当に重いから。

Sponsored Link

まとめ

10月21日のプリンセス駅伝2018で、岩谷産業の第2区を走った飯田怜選手が、ゴール前200mで倒れ、四つん這いで前進し襷をつなぐというアクシデントが起きました。

監督室で映像を見ていた岩谷産業の広瀬永和監督は大会運営側にリタイアを伝達したそうですが、役員に伝わるまでにタイムラグがあり、意志が伝わったのがゴール前15mのところ。

「あと15mだから見守ってしまった」という役員に批判の声がある一方で、襷をつなぐことへの執念、襷の重さに共感する声もあります。

涙無しには見られない光景でしたが、どうか飯田怜選手には一日も早く回復して欲しいですね。

本当によく頑張りました!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です