土俵で女性が心臓マッサージ。人命救助を阻む相撲協会の伝統とは?

4月4日の春巡業での出来事に批判が殺到しています。一刻を争う緊急事態での咄嗟の対応、勇気をもって救命処置にあたった女性に対して「土俵から降りてください」とは?

世界中のだれもが「???」と感じる相撲協会の伝統とは一体なんでしょう?

Sponsored Link

救命処置をやめさせるアナウンスが流れる

京都府舞鶴市での春巡業中、土俵上で挨拶をしていた市長が突然倒れて危険な状態に。男性数人が駆け寄るも、何もできずに呆然と見守るだけ。そこへ、看護師の女性が「上がっていいですか?」と断った上で男性の中に割って入り、心臓マッサージを始めた。

その女性をサポートすべく、さらに複数の女性が土俵上へ上がったところ「女性の方は土俵から降りてください」とのアナウンスが数回流れる。「人命救助なのに、なんで?」と疑問の声。

その後、大量に塩を撒かれたって?

この問題は海外メディアも大きく取り上げています。

「日本における女性差別」「人命よりも伝統」「この出来事が日本での女性の扱われ方を表している」と批判が相次いでいます。「神聖な土俵に不浄な女性が上がるのを禁じている」とも。

女性が活躍する社会を作ると、安倍総理は言っていたような気がしますが…。これでは、女性は土俵の上では人命救助もやらせてもらえないことになります。

伝統を守るためにやるべきこととは?

今まで数々の不祥事で世間を騒がせてきた日本相撲協会ですが、その度に「再発防止に向けて取り組んでいく」との会見を開いてきました。国技として、伝統を守るためにやるべきことは「女人禁制」を貫くことより、自分達が襟を正すということではないかと思います。

相次ぐ不祥事にうんざりしている国民に、追い打ちをかけるような今回の出来事。大抵のスポーツの大会には、医療関係者を待機させているように思いますが、あの場に指定の医師や看護師はいなかったのでしょうか?

命に関わる事態になったかもしれないことを考えると、危機管理もできていなかったということになります。なんともお粗末です。

バリ島の寺院には生理中は入れない

このニュースで、数年前に友人とバリ島へ旅行に行った時のことを思い出しました。世界遺産になっている素敵なヒンドゥー教の寺院がたくさんあるのですが、「生理中の女性は中に入れません」と書いてあります。ガイドさんにも言われました。

血は不浄のものとされているからです。でも、もし生理中であっても検査される訳ではないので、黙っていれば大丈夫だと思うのですが…。そんなことを言うと、敬虔なヒンドゥー教徒の方に叱られそうですが、私はその時、宗教観の違いと、少なからず女性蔑視の感を抱きました。

バリ島旅行を計画している方は、生理日に当たらないよう、できれば日程調整をした方が良いかと思います。

Sponsored Link

女性を必要とする社会

日本は昔から男性中心の社会で、今もなお、いわゆる「ガラスの天井」があると言われています。女性の出世や活躍には限界があると。それでも、今回のような緊急の場で、必要とされる能力を持ち合わせた人が女性であった場合、何をためらう必要があったのかと疑問に思います。

命より大切な伝統や慣わしなんて無いし、何よりも優先すべきことが人命救助であったということは事実です。

「女人禁制」なんて、今でも言っているのかとがっかりしますね。

みんな「女」から生まれてきたのです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です