消えた天才「山縣亮太が勝てなかったランナー」篇で流れた洋楽BGMの曲名と歌手名は?【動画】

バナナマンが司会を務める特番『消えた天才』(TBS系)が、9月30日(日)放送されました。

今、日本最速の男でもある、山縣亮太が絶対に勝てなかった初心者ランナーが登場します。

先日のアジア大会100m決勝、10秒00の好記録で銅メダルを獲得した山縣亮太が、中学時代唯一勝てなかった人物は、サッカー部からきた俊足少年でした。

2014年全日本インカレのリレーで、ゴールイン後に抱き合う二人の場面で流れたBGMの曲名と歌手についてご紹介します。

Sponsored Link

山縣亮太が絶対に勝てなかった初心者ランナーとは?

山縣亮太が、中学、高校、大学と切磋琢磨してきた最大のライバルは、茅田 昴 選手。

2014年全日本インカレ、4×400mリレー決勝の感動的な名場面は、慶應義塾大チームが一丸となって掴み取った優勝の瞬間でした。

ゴールイン後の場面で流れた洋楽BGMの曲名は?

ゴールイン後に流れたBGMは、The Eaglesの DESPERADO「ならず者」です。

歌っているのは The Eagles(イーグルス)

1971年にデビューしたアメリカのロック・バンド。

アメリカ西海岸を拠点に活動しながら世界的人気を誇り、トータルセールスは1億2000万枚を超えます。

DESPERADEは、1973年 に発表されたイーグルスのヒット曲のひとつです。

1976年、彼らの代表作となるHotel California「ホテルカリフォルニア」を発表しました。

あまりにも有名な曲ですが、個人的に大好きな曲なので聴いてみましょう。

イントロで、もうやられちゃいます。せつないメロディーが心に響きますね。

40年以上聴いても感動が蘇ってくる名曲です。(個人的な趣味でご紹介してしまいました)

Sponsored Link

まとめ

消えた天才「山縣亮太が絶対に勝てなかった初心者ランナー」篇

2014年全日本インカレのリレー決勝で、ゴールイン後に抱き合う二人の場面で流れたBGMは、The Eaglesの DESPERADO「ならず者」でした。

手に汗握る名場面と素敵な曲がマッチして、本当に感動的な優勝のシーンでしたね。

スポーツを通して続いた友情の素晴らしさ、ライバルと切磋琢磨しながら自分が成長できたことへの感謝を山縣亮太さんに教えてもらった気がします。

感動しました!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です