岡部紗季子(体操元日本代表)の現在は?体操教室で未来のオリンピック選手育成!

元日本代表の体操選手として活躍した岡部紗季子さん。

女版SASUKEのKUNOICHI2018でファイナリストに残るなど、体操以外でもその身体能力の高さを見せつけてくれました。

笑顔が素敵な岡部紗季子さんの現在は、自らが叶わなかったオリンピック出場を目指す子供達を体操教室で指導しています。

そんな岡部紗季子さんの経歴や現在について調べました。

Sponsored Link

岡部紗季子さんのプロフィール

岡部紗季子(おかべさきこ)
生年月日:1988年5月16日(30歳)
出身地:東京都
身長:162cm
藤村女子高等学校・明治大学卒業
朝日生命体操クラブ出身

3歳で体操を始め、東日本ジュニア体操選手権で4位、全国大会に出場したのは小学校4年生だったそうです。

ご両親が勧めた体操教室でしっかり練習に励み、中学2年生で全国大会初優勝という素晴らしい結果を出しました。

一日でも休めば取り戻すのに三日かかると言われる世界で、休むことなく厳しい練習にも耐え、体重制限にも取り組みながらの過酷な毎日だったと想像できます。

21歳まで生理が来なかったというお話しも聞いていますが、体操選手にはよくある話で、厳しい練習と体重制限などが原因で、肉体的にもかなりの負担がかかっていたことと思います。

現役時代は身長162センチ、体重45キロ。体脂肪率は7%をキープしていたということですので、どれほどハードだったのかは私達の想像以上でしょう。

ユニバーシアードにも二度の出場を果たしましたが、2008年の北京オリンピックの代表選手選考からは、惜しくも漏れてしまいました。

2011年に明治大学を卒業後は、母校の体育会体操部コーチを務めるなど、後進の指導にあたる道を選びました。

2011年4月から1年間、カナダとオーストラリアに渡ってコーチングを学び、徹底的に指導者としての力をつけた岡部さん。

彼女の指導を受けられる選手は「恵まれている」としか言いようがありませんね。

経験豊富で、実績のある優秀な選手であり、なおかつ教え方まで学んだプロフェッショナルです。

当然、厳しい練習に耐える選手の気持ちも手に取るようにわかるでしょうし、世界を見てきた経験値から指導にも説得力があるはずです。

現在は体操教室で未来のオリンピック選手を育成!

現在、岡部紗季子さんは、世田谷にあるGEM STONE GYM(ジェム・ストーン・ジム)にて、オリンピックを目指す選手の育成に携わっています。

この体操教室は、アテネ五輪金メダリスト中野大輔氏が主宰で、オリンピックのゴールドメダリストをはじめ、スタッフ全員が全日本代表経験者という、まさに体操界のエキスパートを育成する為にあるような体操教室です。

14〜21歳まで、日本代表として様々な国際大会に出場してきた岡部紗季子さんの、これまでの経験やご自分の夢までもが、未来の体操界を担う子供達に全て注がれている、最高の環境の体操教室ですね。

幼児クラス12名、小学生クラス20名と、少人数制であり、細かいところまで目が届く指導ができるようになっているようです。

GEM STONE GYMへのアクセス

  • 京王線 桜上水駅より徒歩15分
  • 〒156-0057 東京都世田谷区上北沢1丁目1-17
  • info@gemgym.tokyo

体操のオリンピック選手を目指したいお子さんをお持ちの親御さんは、見学に訪れてみてはいかがでしょう?

幼少期からしっかり基礎を学び、心身ともに強くしなやかなお子さんに育つことと思います。

Sponsored Link

まとめ

元日本代表の体操選手・岡部紗季子さんの現在は、世田谷の有名体操教室で未来のオリンピック選手の育成に携わるコーチスタッフでした。

惜しくもオリンピック日本代表にこそなれなかったものの、小中と全国大会での優勝を果たし、ユニバーシアードにも出場経験のある岡部紗季子さん。

また、コーチとしての実績も積まれ、より中身の濃い指導ができるベテランへと成長されている姿が本当に素晴らしいですね。

今年30歳とのことですので、そろそろご結婚の話題も聞かれるのではないかと思います。

後進の指導という道を選ばれた岡部紗季子さんには、納得のいくまでご自分の選んだ道を極めていただきたいですね。

岡部さんの元から、未来のオリンピック選手が次々と巣立って行くのではないでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です