茨城県の大井川和彦知事の学歴や経歴がすごい!県庁IT化・ドワンゴと提携で人材育成を目指す!

県庁の決済事務にハンコが必要なくなる、「電子決裁率がほぼ100%」という快挙を達成したのは茨城県!当然、都道府県レベルでは初めてのことですね。

公務員の事務作業と言えば、紙文書の山というのが当たり前。まさに、これまでのお役所の常識を覆したと言っても良いでしょう。

この偉業を成し遂げたのは茨城県ICT戦略チーム。指揮をとり、達成に導いたのは、2017年に就任したばかりの大井川和彦知事です。

県庁のIT化のみならず、あのニコニコ動画を手がける㈱ドワンゴと提携し、県内高校生を対象に、エキスパート人材育成を目指すプログラミングコースを無償提供しています。

時代の最先端を突っ走る茨城県の大井川和彦知事の学歴や経歴について調べました。

Sponsored Link

茨城県の大井川和彦知事の学歴や経歴がすごい!

大井川和彦(おおいがわ かずひこ)知事のプロフィール

生年月日 1964年4月3日(54歳)
出生地:茨城県土浦市
出身校 :東京大学法学部・ワシントン大学ロースクール
前職 :国家公務員(経済産業省)
ドワンゴ取締役
称号 法学士・法学修士

地元出身ではない県知事も多い中、大井川知事は地元茨城県土浦市のご出身で、茨城県に対する地元愛が感じられますね。

早稲田大学卒で弁護士の奥様も茨城県出身。娘さんが一人いらっしゃいます。

大井川和彦さんは、茨城県立水戸第一高等学校、東京大学法学部卒業。

1988年、通商産業省(現経済産業省)に入省

1996年、ワシントン大学ロースクール修了。1998年、通商産業省の初代シンガポール事務所長に就任されました。

2002年経済産業省商務流通政策グループ政策調整官補佐となりますが、2003年経済産業省を退官し、マイクロソフトアジア執行役員となります。

マイクロソフト執行役常務を経て、2010年よりシスコシステムズ専務執行役員

2016年、ニコニコ動画の運営会社であるドワンゴの取締役に就任しました。

何と輝かしい学歴・経歴でしょう!

めちゃくちゃ優秀である上に、法律にも経済にも明るく、またITに精通したエキスパートであることが分かります。まさに時代の最先端で世界を見てきた人ですね。

2016年12月、翌年に施行される茨城県知事選挙への立候補に向け、自由民主党茨城県連が大井川さんを擁立します。

公約では「新しい茨城」を掲げ2017年8月27日の知事選で当選。

茨城県知事の交代は1993年の橋本知事の初当選以来、24年ぶりとなり、文字通り「新しい茨城」のスタートとなりました。

県庁IT化・ドワンゴと提携で人材育成を目指す!

県庁IT化の推進と実現

マイクロソフトからドワンゴと、超一流IT企業出身の大井川和彦知事が昨年9月に就任し、4月から電子決裁による作業効率化を高めるよう指示。

その結果、7月分の電子決裁率は99・1%を達成しました。残り0・9%(約200件)も今後は電子決裁が可能とのこと。

【電子決裁のメリット】
・文書ファイルの検索、再利用が容易となる
・ペーパーレス化で書棚スペースを削減できる
・出張先など庁外でも決裁作業ができるため在宅勤務を進められる
・文書保管後の書き換えができなくなり、改ざんを防げる

(引用元:朝日新聞デジタル)

前年度の電子決裁率が11・8%だったのと比較すると、就任後わずか1年で、着手からは数ヶ月でこのような結果を出したことになります。本当に素晴らしいですね!

今後は他府県でも茨城県を参考に、電子化を推進する動きが進むのではないでしょうか。

セキュリティーの難しい部分もあるでしょうが、国会でも文書改ざんの問題で揉めていますから、是非このような取り組みを国を挙げて推めて欲しいですね。

ドワンゴと提携で人材育成を目指す!

また、人材育成についても素晴らしい取り組みを行なっています。

ご自分の古巣である㈱ドワンゴと提携し、県内の高校生向けにオンライン学習プログラム「N予備校 プログラミングコース」を無償提供しています。(ドワンゴ・プレスリリース)

同コースは、2016年4月の開校当初から学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」の生徒向けに提供し、IT企業への就職やインターンシップという実績もあげているオンライン学習プログラムです。

対象は、茨城県内の公私立高等学校等に在籍する生徒、先着7,500名と限りはあるものの、地元の高校生をその道のプロフェッショナルに育て上げようという取り組みで茨城県の将来に希望が見えてくるような気がしますね。

この話を聞いて、これから高校生になる子供をもつ親御さんは、茨城県に転居したいと考える人も出てくるかも知れませんね。

Sponsored Link

まとめ

茨城県庁の電子決済率がほぼ100%とのニュース。

2017年に就任した大井川和彦知事の輝かしい学歴と経歴についてご紹介しました。

一流IT企業出身の大井川知事は、ドワンゴとの提携で、茨城県内の高校生向けにオンライン学習プログラム「N予備校 プログラミングコース」を無償提供しています。

トップに立つ人が代わることによって、地域の行政も教育も変わってきます。

魅力の無い県ランキングで、いつも名前の上がる茨城県でしたが、「新しい茨城」に生まれ変わりつつあるのを感じますね。

茨城県の高校生がエキスパートとなって、ひのき舞台で活躍する日も近いのではないでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です