樹木希林・国民栄誉賞の可能性は?国民に愛され勇気を与えた功績は大きく授与を望む声多数!

女優の樹木希林(きき・きりん)さんが9月15日に都内の自宅で亡くなったことが分かりました。75歳でした。

5年前より、全身ガンであることを公表しながらも、映画やドラマ、CMに出演し、病気とは思えないくらいお元気な様子を見せていましたが、先月13日には左大腿骨を骨折して入院中でした。

最期はご自宅で家族に看取られながら息を引き取ったそうです。

長年にわたり国民に愛され、勇気を与えた功績は計り知れず、ファンからは国民栄誉賞の授与を望む声が多数上がっています。

可能性はあるのでしょうか?

Sponsored Link

樹木希林・国民栄誉賞の可能性は?

樹木希林(きき きりん)さんのプロフィール

本名: 内田 啓子(うちだ けいこ)、別名義: 悠木千帆(ゆうき ちほ)
生年月日 1943年1月15日~2018年9月15日(享年75歳)
出生地:東京都千代田区

1961年に文学座付属演劇研究所に入り、「悠木千帆(ゆうき ちほ)」名義で女優活動をスタート。

個性派女優として多くのドラマ、映画、舞台に出演されていました。

詳しい経歴については別記事でご紹介しています

樹木希林さんと夫の内田裕也さんの間には一人娘の也哉子さんがいらっしゃいますが、也哉子さんの夫が俳優の本木雅弘さん。

お二人の性格や生活の一端が垣間見える動画がありましたのでご紹介します。

仲のいい親子ですね。お互いの性格を理解しつつ、尊重し、本当の親子のように愛している。

樹木希林さんが日々の生活の中で女優としての生き方を身をもって教えようと本木さんに接しているのがよく分かります。

代表的な出演作品

TVドラマ
「七人の孫」(1964)
「時間ですよ」(1970~1975)
「寺内貫太郎一家」(1974~75)
「ムー」「ムー一族」(1977~79)など、ホームコメディドラマでお茶の間の人気者になりました。
30代から老け役に徹し、77年に樹木希林と改名しました。

映画出演
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(2007)
「悪人」(2010)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞
「半落ち」(2004)で最優秀助演女優賞を受賞
「歩いても 歩いても」(2008)
「わが母の記」(2012)
「ツナグ」(2012)
「あん」(2015年)
「万引き家族」(2018)

CM出演
多くのCMに出演されている樹木希林さんですが、1980年の富士フィルムのCMは特に話題になりました。

また、内田裕也さんと独特の夫婦関係を貫き通した樹木希林さんは、ゼクシィのCMでこんなやりとりをしています。

離れていても、お互いの心はいつも通じ合い、素敵な夫婦だったのかもしれませんね。

この他にも数々の作品に出演された樹木希林さんですが、誰にでも起こり得る日常の出来事であったり、あるいは人間の心の中にある本質的な部分を考えさせるような、素敵な作品が多かったですね。

樹木希林さんの生き方そのものが私達の人生の指針になるような役どころが多く、感動や共感を得て、たくさんの勇気をもらった気がします。

国民栄誉賞(こくみんえいよしょう)は、日本の内閣総理大臣表彰のひとつで、1977年に福田赳夫首相が通算本塁打の世界記録更新を控えたプロ野球選手王貞治を表彰しようと発案したのが始まりだそうです。

つまり、安倍総理大臣が「国民栄誉賞をあげよう!」と決めれば授与される賞なのです。

過去には、長谷川一夫さん、渥美清さん、森光子さん、森繁久彌さんなど、映画やドラマで活躍した俳優・女優さんも受賞されています。

樹木希林さんの功績を考えると、総理大臣の考え一つで決まる国民栄誉賞が授与される可能性は非常に高いのではないかと思われます。

国民に愛され勇気を与えた功績は大きく授与を望む声多数!

亡くなる直前まで、女優として感動を与え、命の尊さ・生きていくことの難しさを語り、世の中の多くの人たちに勇気を与え続けてくれた樹木希林さん。

ネット上でも国民栄誉賞の授与を望む声が多数見られました。

Sponsored Link

まとめ

女優の樹木希林(きき・きりん)さんが9月15日に都内の自宅で亡くなったことが分かりました。75歳でした。

全身ガンを患いながらも、死の直前まで多くの作品に出演し、感動と勇気を与え続けてくれました。

これほどまでに国民に愛された女優・樹木希林さんに国民栄誉賞の授与はあるのか?

その功績はあまりにも大きく、授与を望む声が多数あがっています。

樹木希林さん、たくさんの感動と笑いと勇気をありがとうございました。

心からご冥福をお祈りします。

【関連記事】

・樹木希林さんが、withinews のインタビューに答え、生きづらさを感じている10代へ宛てた直筆メッセージを送られました。自らも病魔と闘いながらも若い人たちに宛てたメッセージとは?

樹木希林さん、10代へ直筆メッセージの内容とは?「こんな姿になったって、おもしろいじゃない」

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です