透明なゆりかご・性被害に遭った小学生の子役は根本真陽!「弟の夫」で好演!笑顔がかわいい!

NHK【透明なゆりかご】第9話「透明な子」

性被害に遭ったという小学生が母親に付き添われてやってきます。

産婦人科では様々なケースが想定されますね。すべての患者さんが幸せな妊娠ばかりではありません。

難しい役どころを演じた子役は根本真陽(ねもと まはる)さん。話題のドラマ「弟の夫」でも活躍した名子役です。

笑顔がかわいい根本真陽さんについて調べました。

Sponsored Link

透明なゆりかご・性被害に遭った小学生の子役は根本真陽!

根本真陽(ねもと まはる)さんのプロフィール

生年月日: 2008年11月24日(9歳)
出身地:神奈川県
身長 :138 cm
職業 子役・モデル
事務所 :ヒラタビーンズ

活動期間 は2012年~。映画、ドラマで活躍中の名子役です。

まだ身長は伸びている途中ですね。これからぐんぐん成長することと思います。

ドラマでは、特にNHKへの出演が非常に多く、朝ドラ「花子とアン」をはじめ、「夏目漱石の母」「デイジーラック」「不惑のスクラム」「弟の夫」などで活躍し、話題となりました。

また、映画でも「ビリギャル」「四月は君の嘘」「昼顔」「こどもつかい」「幼な子われらに生まれ」など、有名な作品に軒並み出演を果たしています。

まだ9歳ながら、これだけの作品に出演するからには、実力を見込まれてのことですね。成長とともに演技力に磨きがかかっているのではないでしょうか。

今回の「透明なゆりかご」では、性被害に遭った小学生という、極めて難しい役どころです。

センシティブな社会問題をどう取り上げるのか、番組の内容も気になりますね。根本真陽さんの演技力も試されるところです。

「弟の夫」で好演!笑顔がかわいい!

2018年3月に、NHK・BSプレミアムで放送された「弟の夫」でも、重要な子役を演じています。

とにかく、屈託の無い笑顔がかわいいのです!

根本真陽さんが演じたのは佐藤隆太演じる父と二人暮らしの小学生。父の双子の弟は同性愛者でした。弟が亡くなった後、そのお相手である外国人が訪ねてくる、というお話しでした。

根本真陽さんは、突然現れた「弟の夫」に戸惑う父と、優しくフレンドリーな外国人の間をつなぐ大切な役割を果たし、家族の新しい形を再生していく物語の要となりました。

天使のような笑顔がかわいい名子役が好演した話題作となりました。

LGBTを取り上げる作品も少しずつ多くなってきていますが、多様な家族のあり方を社会に問うドラマとして、真陽さんは重要な役割を果たしましたね。

Sponsored Link

まとめ

【透明なゆりかご】第9話「透明な子」で、性被害に遭ったという小学生を演じたのは、根本真陽さんです。

まだ9歳の子役モデルですが、数々の映画やドラマに出演し、活躍中です。

最近ではBSドラマ「弟の夫」で家族の再生に関わる重要な役どころを演じ注目を集めました。

笑顔がかわいい名子役です。

これからどんな女優さんに育っていくのか、本当に楽しみですね。

 

【関連記事】

・「透明なゆりかご」最終回「7日間の命」で、お腹の赤ちゃんが重い病気を抱えた妊婦役を演じるのは鈴木杏さんです。鈴木杏さんの経歴や今後の活動予定など、詳しい情報はこちらをご覧ください。

透明なゆりかご「7日間の命」で、妊婦の灯里役は鈴木杏!子役から活躍のアメリカのクオーター!

・「透明なゆりかご」が初主演となる女優、清原果耶さんについて、過去のドラマやCMについても調べてみました。清原果耶さんの魅力についての記事はこちらです。

清原果耶・産婦人科が舞台のNHKドラマ「透明なゆりかご」で初主演!過去のドラマやCMも調査。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です