不惑のスクラム・萩原健一の説得力が半端ない!若い頃はセクシーで破天荒?映画ドラマで活躍!

NHK土曜ドラマ「不惑のスクラム」で萩原健一が半端ない説得力で注目を集めています。

ドラマは、主演の高橋克典演じる丸川が刑務所から出所し、人生のすべてを失ったことで自殺を図ろうとしたところから始まります。

そこで、偶然出会った中年のラガーマン達と一緒にラグビーを始めることになります。

そして、リーダーの宇多津(萩原健一)の言葉に思わず涙する丸川。

萩原健一の説得力は半端ない!と思った瞬間でした。

若い頃はセクシーで破天荒だった萩原健一の過去の活躍についても調べました。

Sponsored Link

不惑のスクラム・萩原健一の説得力が半端ない!

「自分は人を殺した過去がある、だからラグビーをする資格などない」と打ち明ける丸川(高橋克典)。この世の中に自分の居場所なんて無いと思っています。

そんな丸川に宇多津(萩原健一)は言います。

自分は末期の胃がんであること。もう無理はできなくなってしまった、と。

宇多津は初めて出会った時から、丸川が自殺しようとしていたことに感づいていました。

また死のうとするんじゃないかい?
私は試合では足手まといになることが多いんです。
体力がある訳じゃないし、キックが上手い訳でもない、ただの老いぼれです。
それでも、時々あるんです。今私がここにいたからチームが点が取れたって瞬間が。
私が居たからパスが繋がった。
私が声を掛けたからボールを奪われずにすんだ。
些細なことかもしれませんが、奇跡みたいなことがあるんです。
ラグビーは、強い選手ばかり集めたからと言って勝てる訳じゃない。
身体の小さい者、大きい者、ちょこまか動く者、怖がりでも下手くそでも、練習熱心で個性の凸凹がガッチリ組み合わさった時、どこよりも強いチームになる。
そうでしょう?誰一人として不要の人は居ないんですよ。
私ねぇ、丸さんに生きてて欲しい!と思う。
また一緒にグラウンドで会いましょう!

グッときますね。「誰一人として不要の人は居ない」

自分の居場所を失って、生きづらさを感じている人には心に響く言葉ですね。

そして、宇多津(萩原健一)の奥さん役が夏木マリさん!最強です!

若い頃はセクシーで破天荒?映画ドラマで活躍!

萩原健一(はぎわら けんいち)さんのプロフィール

本名: 萩原 敬三(はぎわら けいぞう)
生年月日 :1950年7月26日(68歳)
出生地: 埼玉県北足立郡与野町
身長: 174 cm
血液型: O型
俳優・歌手
活動期間 1966年 ~

高校在学中、17歳の時に埼玉県大宮市でスカウトされ、ザ・スパイダースの弟分バンド、ザ・テンプターズのヴォーカリストとしてデビューしました。

当時はグループ・サウンズ全盛期の頃で、ローリング・ストーンズの影響も受け、次々と大ヒット曲を飛ばして人気を博しました。

沢田研二、岸部一徳、大口広司らとPYG(ピッグ)を結成しますが、映画監督を志すようになり、映画界で俳優として出演することとなります。

俳優へと本格的に転身し、TVドラマ『太陽にほえろ!』の初代新人刑事のマカロニ役でその人気を不動のものとします。

そうです、あの石原軍団ですね!

『太陽にほえろ!』は、1972年のスタートから15年近くに亘って放送が続けられた長寿番組であり、現在では日本の刑事ドラマの代表格とも言われています。

『青春の蹉跌』でキネマ旬報の最優秀主演男優賞を受賞しました。

さらにテレビドラマ『傷だらけの天使』では、セクシーで破天荒な役どころがハマり役となり、水谷豊とのコンビで、岸田今日子さんをボスとする探偵会社の調査員を演じました。

キャラの濃い二人が繰り広げる物語が本当に楽しく、水谷豊さんが萩原健一さんを呼ぶ時の「兄貴ぃ~」が印象的でした。

 

その後、倉本聰脚本の『前略おふくろ様』でも視聴者の心を掴み、大ブレイクしました。

私生活ではかなりの破天荒ぶりを発揮していました。

1980年にいしだあゆみさんと結婚しましたが、1984年に離婚を発表。

入籍については、未入籍で事実婚の状態だったとか、未入籍はウソだったとか、色々言われておりましたが、真実は分かりません。

1983年1月インドのカルカッタでチャリティコンサートを行うなど、奉仕活動に尽力したかと思いきや、同年4月20日、大麻不法所持にて逮捕され、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決となります。

これはかなりの衝撃でしたね。1年間に渡って全ての活動停止を余儀なくされましたが、復帰後の音楽活動で歌った「愚か者よ」が大ヒットとなります。

「愚か者よ」って…何だか皮肉な感じですね。

この曲、実は近藤真彦さんが23枚目のシングルで萩原健一との競作として歌っています。

「愚か者」の曲名で歌詞の一部と編曲者を変えています。(近藤真彦さんは「愚か者」で紅白にも出場。)

萩原健一さんは、1984年、飲酒運転で人身事故を起こし、業務上過失傷害罪で逮捕されました。

1985年11月には、女優倍賞美津子との2ショット写真を週刊誌に撮られて激昂し、カメラマンと編集者に暴行して書類送検。

今度はどうした?というくらい、テレビのニュースで世間を騒がせていたわけですね~。カッコよかったのでファンは多かったわけですが。

若い頃は本当にセクシーで破天荒。何かと話題の耐えない俳優さんでした。

Sponsored Link

まとめ

NHK土曜ドラマ「不惑のスクラム」で萩原健一が半端ない説得力で注目を集めています。

ドラマは、人生に傷つき、居場所を失った元ラガーマンが、仲間と共に家族の再生を果たすまでの物語です。

若い頃はセクシーで破天荒だった「ショーケン」こと萩原健一さん。

68歳となった今、ドラマの中で圧倒的な存在感を示しています。

実力派俳優の演技力を改めて見せつけられた気がしますね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です