「半分、青い」加藤恵子役の小西真奈美はコスプレーヤー?なぜ、全身緑色のヴィジュアルなの?

「半分、青い」で、加藤恵子役を演じる小西真奈美さん。

そのヴィジュアルが、まるでコスプレーヤーだと話題になっています。

主人公、鈴愛の今後に大きな影響を与える人物の一人とのことですが、なぜ全身緑色なのでしょうか?

小西真奈美さんの役どころについて、調べてみました。

Sponsored Link

「半分、青い」加藤恵子役の小西真奈美はコスプレーヤー?

予告編を観て、「えっ?これ誰?」と思った方も多いのではないでしょうか。

有田哲平さん演じる津曲雅彦の妹、加藤恵子役で登場するのは小西真奈美さんですが、それがまるでコスプレーヤーのような出で立ち!

今まで癒し系の実力派美人女優として、様々な作品に出演されてきた小西真奈美さんのイメージを一新するヴィジュアルです。

これにはネット上も騒然とするわけですね。

なぜ、全身緑色のヴィジュアルなの?

小西真奈美さん演じる加藤恵子は、鈴愛の人生に大きな影響を与える津曲雅彦(有田哲平)の妹という設定です。

廃校を利用したシェアオフィスで「グリーングリーングリーン」という会社を1人で立ち上げています。つまり青年実業家?といったところですね。

儲けは二の次に、自分の大好きな緑色と手触りの良さに特化した商品を開発しています。

自分自身も全身緑色のヴィジュアルで、一面緑色のオフィスでモノづくりを行っている、ぶっ飛んだ人。

ここまで徹底していると、誰も異を唱えることができないですね。

キャスト発表の際のインタビューで小西さんは次のように話しています。

脚本家の北川悦吏子さんが“ぶっ飛んだ役です”と仰っていました。

読みながら、ぶっ飛んだ、でも真っ直ぐで素敵なこのキャラクターを “私に”と書いてくださったことがとてもうれしく、心を込めて、精いっぱい演じたいと思いました。

北川さんの脚本からは、言葉の随所に、深い愛情と優しさを感じます。

初回から欠かさず見ていたこの作品に、何度も勇気づけられ、涙した1人として、参加する立場になった今、少しでも皆さまに楽しい朝のひと時を過ごしていただけるよう、元気に、そして丁寧に、愛情を持ってこの役に向き合っていきたいと思っています。

引用元:スポニチアネックス

ネットでも話題になっているように、どんな演技をしてくれるのか、本当に期待しか無いですね~

今までも様々な役どころに挑戦してきた小西真奈美さんですが、緑の髪は初めてでしょう。

Sponsored Link

まとめ

「半分、青い」で、加藤恵子役を演じる小西真奈美さん。

そのヴィジュアルが、まるでコスプレーヤーだと話題になっています。

加藤恵子は、廃校を利用したシェアオフィスで「グリーングリーングリーン」という会社を1人で立ち上げている、青年実業家。

自分自身も全身緑色のヴィジュアルで、一面緑色のオフィスでモノづくりを行っている、ぶっ飛んだ人。

小西真奈美さんは、この役どころに「楽しい朝のひとときを過ごして頂きたい」と意欲満々です。

鈴愛に大きな影響を与える小西真奈美さんの役どころ、どんな演技を見せてくれるのか、本当に楽しみですね。

 

【関連記事】

・「半分、青い」律と正人と久しぶりに再会した鈴愛。律の新居で積もる話に花が咲きます。そこで、松たか子の「大好きなのにごめんね~」という歌を口ずさみます。この歌の意味深な歌詞について調べましたので、こちらの記事を是非ご覧ください。

半分、青い・松たか子「大好きなのにごめんね~」の曲名は?歌詞は鈴愛と律の気持ち?

・女優、小西真奈美さんがアルバムを発売し、歌手としてメジャーデビューすることが報道されました。過去にも別名義でCDデビューの経験がある小西真奈美さんの動画については、こちらの記事をご覧ください。

小西真奈美が歌手でメジャーデビュー!過去には藤木一恵名義での歌手活動【動画】も!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です