酒井響希・11歳の全盲ドラマーとは?24時間テレビ・YOSHIKIが緊急帰国で武道館ライブ!

2018年8月26日の24時間テレビ(日テレ)では、1歳10カ月の頃に病気で全盲になりながらもプロドラマーを目指す酒井響希くん(11)に密着します。

体にハンデがあっても前向きに強く生きる。プロを目指し、大好きなドラムの練習を続けるひたむきな姿に心打たれます。

そして番組では、ロックバンド・X JAPANのYOSHIKIさんが緊急帰国し、武道館で一夜限りのスペシャルステージを披露します。

憧れのドラマーと響希くんが武道館で初のセッションを行います!

Sponsored Link

酒井響希・11歳の全盲ドラマーとは?

酒井響希くんは、1歳半のとき眼球に両眼性網膜芽細胞腫という小児がんが発見されたそうです。

化学療法やセカンドオピニオンなど、できることは尽くしましたが、がんが両眼から転移している可能性があることがわかり、ご両親は「命を取るか両目を取るかどちらか選んでください」と主治医から究極の選択を迫られます。

家族で話し合い、命を最優先して両眼の摘出手術を受け、2歳になってすぐに全盲になりました。

これは辛いですね。ご両親にとっては我が身を削られるより辛い決断だったと思います。

全盲となった当時は、おもちゃで遊ぶことすらできなかったそうです。自宅の壁や床などを叩いて音を楽しむしかなかったとか。

2歳児といえば「ちびっこギャング」と言われるくらい活発で遊びに夢中になる年齢で、一般的には目の離せない年頃です。

叩くことでしか遊べない響希くんを見ているご両親の心痛は察するに余りありますね。

「両眼摘出手術を受けた約8年前はつらくて涙する日々でしたが、響希の前向きに生きようとする生命力が私たち一家に光を届けてくれました。4歳でドラムを始めてからは父である僕の方が教えられることばかりです」とお父さんは語っています。

そんな響希くんのドラム演奏を聴いてみましょう。

ハンデを感じさせない、力強い演奏ですね。ここまでくるのにどれ程努力したのでしょうか?

褒められたとき「人に勇気を届けられたような気がする」なんて、11歳の子供が言える言葉ではないですよね。

響希くんのメンタルの強さ、一生懸命な姿に涙が溢れますね。

24時間テレビ・YOSHIKIが緊急帰国で武道館ライブ!

X JAPANのリーダー・YOSHIKIさんが、8月25日(土)・26日(日)に放送される「24時間テレビ41 愛は地球を救う『人生を変えてくれた人』」に生出演するため、放送当日にアメリカ・ロサンゼルスより緊急帰国することが発表されました。

YOSHIKIさんが24時間テレビに出演するのは今回が初めてだそうです。

今回は、YOSHIKIさんに憧れてドラムの練習に打ち込む11歳の盲目の少年、酒井響希くんの夢を叶えるために、武道館で一夜限りのスペシャルステージを披露する予定です。

YOSHIKIさん自身も、米国非営利公益法人「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」などの基金を立ち上げており、チャリティー活動をライフワークにしているとのこと。

今回の24時間テレビの企画に賛同しての実現となったようです。

チャリティー活動をライフワークにしているなんて、素晴らしいです、YOSHIKIさん!

有名な芸能人がチャリティー活動しているお話は良く聞きますが、今回のような多忙を極めるスターの「緊急帰国」は珍しいことですよね。

それだけ、響希くんのひたむきな生き方が、YOSHIKIさんの心を動かしたのでしょう。

YOSHIKIさんは、「武道館は僕が初めてロックと出会い、ロックスターになるという夢を描いた場所です。そんな僕の人生を変えてくれた日本武道館で、困難な状況にも負けず夢に向かって頑張る人たちに勇気を与えられるようなステージをお届けしたいと思います」と話しているそうです。

武道館でのYOSHIKIさんのパフォーマンスは、8月26日午後18:50ごろからの予定です。

タイムテーブルは下記リンクからご確認いただけます。

【24時間テレビ41】放送内容・タイムテーブル

Sponsored Link

まとめ

11歳の全盲ドラマー酒井響希くんは、1歳半で眼球に小児がんが発覚、2歳で全盲になりました。

自宅の壁や床などを叩いて音を楽しむことしかできなかった響希くんは、4歳でドラムを始めます。

24時間テレビでは、X JAPANのリーダー・YOSHIKIさんに憧れる響希くんに密着。

この企画に賛同したYOSHIKIさんが緊急帰国して武道館ライブ、という流れになったようです。

ファンにとっては、YOSHIKIさんの演奏が聴けるのもめちゃくちゃ嬉しいですが、酒井響希くんとどのようなセッションになるのか、とても楽しみですね。

きっとたくさんの感動があるに違いありません。

「響く」に希望の「希」と書いて響希(ひびき)。

ドラマーになるために生まれてきたのではないかと思うくらい素敵な名前ですね。

プロのドラマーになるという夢を是非実現して欲しいですね。

【関連記事】

・24時間テレビで酒井響希くんとセッションをおこなったYOSHIKIがサングラスを外した訳とは?感動のステージを終え、響希くんを「僕の弟子」と呼ぶ理由についてはこちらの記事をご覧ください。

YOSHIKIがサングラスを外した訳は?24時間テレビのセッションで「響希くんは僕の弟子!」

・11歳の全盲ドラマー酒井響希くんが唯一楽しめるゲーム、任天堂「リズム天国」。響希くんが任天堂に宛てた手紙と、その返事に賞賛の声が上がっています。開発プロデュースを担当したつんく♂さんも感激したその手紙とは?こちらの記事で紹介しています。

全盲のドラマー酒井響希がパーフェクトの任天堂「リズム天国」感謝の手紙につんく♂も感激!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です