「塩まくら」の安眠効果・寝苦しい夜におすすめ!首にフィットして頭痛や肩こりも軽減!

連日猛暑が続く今年の夏。寝苦しくて体調を崩していませんか?

アイスノンを愛用しているという方もいるかもしれませんね。私も以前はアイスノンや保冷剤を試してみました。

でも、温まってくると、逆に不快ではありませんか?気がつくと外して寝ていたりします。これでは熟睡できませんよね。

こんな寝苦しい夜には「塩まくら」がおすすめです。

Sponsored Link

「塩まくら」の安眠効果・寝苦しい夜におすすめ!

プレゼントで頂いた「塩まくら」がこの夏これほど重宝するとは思っていませんでした。

ずっしりしていて、最初は「なにこれ?」と思ったのですが、その安眠効果には驚きです!

ネット通販で購入できます

夜でも25度以上となる熱帯夜では、エアコンを消しては熱中症の危険があります。

エアコンは少し高めの温度に設定し、つけっぱなしにするのが良いと、毎日のようにテレビでも言っていますね。

エアコンはつけたまま、夏用の薄がけ布団をかけて寝るのがベストだと医師に聞きました。

お腹だけタオルをかけるのはNG!朝方に足腰が冷えて体がだるくなるそうです。不調の原因は、下半身の冷えであることが多いそうです。

寝苦しい夜に頭をひんやりと冷やしてくれる「塩まくら」は、20cm×30cmくらいの小さな枕です。

冷蔵庫で冷やしておいて、低めの枕の上にのせて使います。

アイスノンほど冷えすぎず、塩が人の熱を吸収してくれる効果があるとのこと。適度な冷たさは氷枕より身体にやさしいのです。

ひんやり「塩まくら」の安眠効果でぐっすり。薄がけ布団をかけて足は出さない、いわゆる頭寒足熱ですね。

首にフィットして頭痛や肩こりも軽減!

中身が塩なので、首の形にフィットします。首の形に合わせられる、という方が適切かもしれません。

以前は枕が合わなくて、いくつも買い替えてきました。「王様の◯◯」とかいう高価な枕も買いましたが、夜中に何度も目が覚めて枕の形を整えたり…。

結局、良く眠れずに朝起きても体調がすぐれない、ということがよくありました。

塩まくらを使うようになってからは、熟睡できるようになり、結果的に頭痛や肩こりも軽減した気がします。

頭痛薬を飲まなくなったのが、その証拠ですね。

首元にある頸動脈に当たるようにして枕を使うのがポイントです。頸動脈が塩の効果によって冷やされ、頭全体を効果的に冷却させることができます。

Sponsored Link

まとめ

こんな寝苦しい夜には「塩まくら」がおすすめです。ビニール袋に塩まくらを入れて冷蔵庫で冷やしておきましょう。

首の形にフィットするので、形が合わないという心配はありません。今使っている枕の上にのせるか、バスタオルを折った上にのせて高さを調節しましょう。

合わない枕を使っているために起こる頭痛や肩こりは軽減すると思います。

塩が体の熱を吸収してくれます。首元にある頸動脈に当たるようにして枕を使うのがポイントです。

使用感には個人差があるかと思いますが、私にはとても合っていると感じています。

ぐっすり寝て疲れをとり、元気に夏を過ごしましょう!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です