「ブランデッドムービー」テレビCMとの違いは?新時代のマーケティングに感動と共感!

皆さんはブランデッドムービーという言葉をご存知ですか?

最近時々耳にする「ブランデッドムービー」ですが、テレビCMとの違いはどんなものなのでしょうか?

新時代のマーケティングに視聴者が感動、共感する理由についても調べました。

Sponsored Link

「ブランデッドムービー」テレビCMとの違いは?

今までは、商品の魅力を伝えるためのテレビCMが多く作られてきました。

ほとんどが商品そのものに焦点を当てたものばかりでしたね。

最近は企業が何を考えているのか、どういうものを応援しているのか、どんな哲学があるのかなどを重視したショートムービーが動画配信され、SNSでも大きな話題になっています。

そう言われてみれば、YouTube などで、何のCMなのかよくわからないけれど、観ていて気になるし共感できる、感動的なストーリーの最後に企業名が出る、という感じの動画を見かけるようになりましたね。

まるで短い映画を観ているような感動を覚えます。

『マナラ化粧品』のブランデッドムービーを観てみましょう。

大抵のテレビCMは、商品を前面に打ち出すことで商品そのものを顧客に宣伝するのが目的ですが、このマナラ化粧品のショートムービーでは、母親が顔を洗っている場面でクレンジング剤がほんの一瞬しか写っていません。

それでいて、仕事も家事も頑張っている母親を応援するマナラ化粧品の企業理念がしっかりと伝わってきますね。

新時代のマーケティングに感動と共感!

何百、何千とある企業の中で、消費者に寄り添い背中を押してくれる会社であることをいかにアピールできるかが大きな鍵になりつつある時代であるようです。

もう一つ、『ダヴ』のショートムービーを観てみましょう。

このムービーでも、商品は一つも出てきません。しかし、観る人に希望や自信を与えてくれる素敵なムービーですね。

企業の哲学や理念を1つのストーリーの中に盛り込むことで、たくさんの人に大きな感動と共感を深く刻むことができるそうです。

確かに、顧客の感動、共感を得ることで企業の好感度は上がり、自然と商品への興味も湧いてくるものです。

まさに、新時代のマーケティングのあり方ですね。

Sponsored Link

最後に

テレビCMより長く、映画より短い。けれどそこに伝えたいメッセージや感動がぎゅっと詰まっている「ブランデッドムービー」

誰もが共感できる内容に、ハッと気づかされ、ついつい引き込まれてしまいますね。

YouTube上に企業チャンネルを設け、そこにコンテンツをアップロードしていけば、世界中の人々に対してメッセージを伝えることができます。

ネット配信であればCMのようにオンエアのコストもかからないため、高い費用対効果も望めるとのこと。

観た人が感動、共感し、SNSでも拡散されることにより商品の人気が出たり、企業イメージのアップにより有能な人材確保にも繋がる可能性が高くなります。

今や新時代のマーケティングとして大きな注目を集めている「ブランデッドムービー」

テレビ番組の途中で「CMが邪魔だなぁ」と感じるのと違って「感動的で泣ける!」「企業の理念に共感できる」「どんな会社なのかもっと知りたい」と思わせたら大成功ということですね。

これからも気になる「ブランデッドムービー」がますます増えてくることでしょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です