マツコの知らない世界・蕎麦を食べ続ける男「池森秀一」とは?バンドDEENのヒット曲もチェック!

マツコの知らない世界 7月24日

~10年間365日、蕎麦を食べ続ける男が登場!~

90年代に、その爽やかな歌声でミリオンヒットを連発したバンド・DEENのボーカル池森秀一さんが、ツアーごとに全国各地で食べつづけてきた絶品蕎麦を紹介します。

また、身近で買える乾麺・蕎麦つゆを紹介するなど、この夏必見の蕎麦の楽しみ方を伝授しました。

池森秀一さんとは?バンドDEENのヒット曲についても調べました。

Sponsored Link

蕎麦を食べ続ける男DEENの池森秀一とは?

池森 秀一(いけもり しゅういち)1969年12月20日生れ(49歳)
北海道岩内郡岩内町出身。シンガーソングライター。
ロックバンドDEENの創設メンバーでありボーカリスト。

DEEN(ディーン)は、ボーカル池森秀一、キーボード山根公路を中心に1993年に結成されました。

1990年代に一大ブームを巻き起こした元ビーイング系バンドで、現在までにCD総売上枚数は1,500万枚を超えています。

ビーイングとは?
株式会社ビーイング (Being, Inc.) は、1978年に東京都港区に設立された、音楽制作会社・レコード会社及びアーティストマネージメントオフィスです。

DEENのボーカリストとして1993年に「このまま君だけを奪い去りたい」でデビューし、ミリオンヒットとなりました。

25年経ってもずっと胸の奥に残る歌。心を鷲掴みにされる歌詞。本当に鮮烈なデビュー曲でした。

元々は、ビーイング期待の新人としてソロデビュー予定でしたが、プロデューサーの長戸大幸さんが池森さんに歌わせた結果がとてもよかったため、山根公路さんを加えてバンドを組むことになり、それがDEEN結成のきっかけとなったということです。

普段から喉に負担をかけないようにしている、という池森さん。日常から声を大事にしており、ツアー中には加湿器を持ち運んでいるそうです。

また、たばこも一切吸わず、腹筋をよく鍛えているようで、うっすら腹筋が割れている、と雑誌の中で告白しています。しかし、「胸を鍛えすぎると声がキンキンになるので程々にしている」とも語っているそうです。

(出典:Wikipedia)

綺麗な歌声を保つためにいろいろと努力されているんですね。仕事に対する真面目さ、ストイックさがうかがえます。

DEENのヒット曲もチェック!

では、ミリオンヒットとなった「このまま君だけを奪い去りたい」を聴いてみましょう。

作詞:上杉昇(WANDS)、作曲:織田哲郎

「奪う」ということは、もう自分のものではないということ…。かなわない恋心を心の底から歌い上げる池森さんのボーカル。

終わったはずの恋、だけどいつまでも忘れられない。それほど愛していた人への想いが、ひしひしと伝わってきますね。

この曲はDoCoMoポケットベルのCMに起用されたこともあって、ミリオンヒットとなりました。

ポケットベル!懐かしいですね~。今やポケベルを知っている世代は限られていますから。

今のようにスマホでいつでもどこでも繋がる時代じゃなかったんですよね。だからこそ、繋がれる時間を大切にできたのかも知れません。

「このまま君だけを奪い去りたい」なんて、女なら一生に一度くらいは言われてみたい言葉です!

Sponsored Link

最後に

90年代にミリオンヒットをとばしたDEENは、メンバーの入れ替わりこそあれ、25周年を迎えました。

いまだに根強いファンを多くもっているのには、歌に対するストイックさと、ファンを大切にする心があるからだと思います。

1人でのバラエティへの出演は初めてとのことですが、池森さんの天然でピュアなキャラクターにマツコも大喜び!

もしかしたら今回の出演で、バラエティという新たな道を見出したかもしれませんね。

爽やかな歌声と面白いトーク。いつまでも素敵な歌を歌い続けて欲しいですね。

【関連記事】

・DEENの池森秀一さんが蕎麦を食べ始めたきっかけや、DVDの特典映像についての記事はこちらをご覧ください。

DEEN「池森秀一」10年以上毎日蕎麦を食べ続ける男!DVDの特典映像「蕎麦道」とは?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です