義母と娘のブルース・生意気な子役、横溝菜帆の演技力は?過去の作品やCMもチェック!

2018年7月10日から放送される、「義母と娘のブルース」TBS火曜10時ドラマ。

竹野内豊さん、綾瀬はるかさん主演の注目のドラマです。原作は桜沢鈴さん作の4コマ漫画「義母と娘のブルース」

妻と死別し、子連れ再婚する宮本良一を演じるのは竹野内豊さん。

そしてその再婚相手である岩木亜希子を演じるのは綾瀬はるかさん。33歳にして部長にまで登りつめたバリバリのキャリアウーマンで、仕事一筋の女性。

宮本良一の連れ子、8歳のみゆきを演じてるいるのが横溝菜帆さんです。

子連れ再婚という難しい関係の中で、一生懸命に家族になろうと奮闘するそれぞれの心の葛藤が描かれたドラマになりそうです。

そこで、デリケートな役割となる子役、横溝菜帆さんがどのような演技をするのか、大きなポイントとなりそうですね。

天才子役、横溝菜帆さんについて、過去の出演作品、CMについても調べました。

Sponsored Link

母と娘のブルース・生意気な子役を演じる横溝菜帆の演技力は?

ドラマの中で、義母となる亜希子に反抗する生意気な子役を演じるのは横溝菜帆さんです。

横溝 菜帆(よこみぞ なほ、2008年3月27日 – 10歳)テアトルアカデミー所属。

今回のドラマでは、277人の中から6回のオーディションを経て選ばれたシンデレラガール。その演技力には定評があります。

メイキング映像の中では、自身が演じるみゆき役に対して、自分なりに分析し「亜希子さんをお母さんとして受け入れるべきか、一生懸命考えたり悩んだりする役どころ」であることを理解し、懸命に模索している様子が紹介されました。

真面目に取り組むあまり、うまくできない自分への歯がゆさから涙を流す場面も。役者としてのプロ意識が感じられますね。

大物俳優陣に囲まれて、プレッシャーもあることと思いますが、一生懸命に撮影に励んでいるそうです。

過去の作品やCMもチェック!

横溝菜帆さんが出演した過去の作品やCMは?

NHK大河ドラマ 平清盛(2012年) では、 滋子(幼少期)役

NHK精霊の守り人 シーズン1(2016年3月 – 4月) – バルサ(幼少期) 役

兄に愛されすぎて困ってます(2017年) – 橘せとか(幼少期)役

など、子役でもかなり重要な役どころを演じていますね。他にも多数のドラマに出演しています。

またCMでも活躍しています。トヨタポルテのCMでは、車内で洋服に食べ物をこぼしてしまう女の子を演じています。

とても可愛らしいですね。そして車内でありがちな「こぼしちゃった〜」風景。

全国のお母さんが、「あるある!」と言っているのが目に見えるようです。本当に和みますね。

Sponsored Link

最後に

義母と娘のブルースのドラマのテーマは「一生懸命」とのこと。日常に起こる喜びや悲しみを一生懸命に家族で共有していく、そんなドラマになっているようです。

家族のために、自分のために、誰かのために、自分は一生懸命生きているだろうか?そんなことを考えさせられますね。

義母と娘が主役のドラマですから、天才子役、横溝菜帆さんの活躍が期待されるところです。

これから横溝菜帆さんがどんな風に成長し、実力をつけていくのか、ますます楽しみですね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です