テレワーク・デイズCM「傘ありがとう」と言う女子高生は誰?総務省【テレワーク】とは?

総務省の「働き方改革」の一環で、「テレワーク・デイズ」を推奨するCMです。

2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づける。

7月23日(月)~7月27日(金)の間において、7月24日(火)プラスその他の日の計2日間以上を「テレワーク・デイズ」とする取り組みが始まっています。

CMで、お父さんに「傘ありがとう」と言う女子高生は誰でしょう?

総務省が推奨する「テレワーク」とは何か?調べてみました。

Sponsored Link

テレワーク・デイズCMの「傘ありがとう」と言う女子高校生は誰?

普段は一緒に過ごす時間が少ないお父さんに「傘ありがとう」と、照れくさそうに言う女子高生は誰でしょう?

テレワーク・デイズ ~くらしを変える、働き方。~ のCMを観てみましょう。

CMで女子高生を演じているのは桜井日奈子(さくらい ひなこ)さんです。

桜井 日奈子(さくらい ひなこ)1997年4月2日 生まれ( 21歳)女優、タレント。岡山県岡山市出身。

血液型 O型、身長:160 cm 、事務所 インセント。

2014年7月に岡山美少女図鑑の発行元であるCroComが開催した、「岡山美少女・美人コンテスト」で「美少女グランプリ」に選出されました。

実年齢は21歳ですが、とてもかわいらしくて、女子高生と言われても全く違和感が無いですね。

普段はあまり家に居ないお父さんが居ることへの戸惑い。

どう接していいのかわからない、思春期にありがちな、父と娘のぎこちない関係をうまく表現しています。

お父さんが渡してくれた傘で、気になる先輩と相合い傘ができた時の嬉しそうな顔もかわいいですね。

総務省【テレワーク】とは?

総務省が推奨するテレワークとは、どんな働き方なのでしょう?

テレワークとは、組織や企業の戦略的な情報通信技術 ICT=(Information and Communication Technology) を活用して、会社以外の場所で働く勤務形態のこと。

『リモートワーク』や『在宅勤務』、『SOHO』など様々な呼び名が付いていますが、馴染み深いのは『在宅勤務』という言葉ですね。

パソコンなどITを活用して、会社以外の場所で時間にもとらわれることなく仕事ができる訳です。

通勤の負担軽減や、時間の短縮による作業性やモチベーションの向上を期待して、自宅利用型テレワークを導入する企業も増えています。

これができる業種はもちろん限られていますが、家庭の事情で通勤が難しくなった有能な社員を確保することができたり、災害など緊急時の対応ができるのも大きなメリットです。

一方で、人事評価や給料、労働管理など、就業規則の見直しが必要になるなど、課題もあるようですが、新たな選択肢を提案できる施策として、いま大きな注目を集めています。

Sponsored Link

最後に

家族と過ごす時間の大切さを再確認させられるCMでした。

これだけITが発達した昨今、会社に行かなくてもできるのになぁ…と思うような仕事もたくさんありますね。

「テレワーク」と一口に言っても、場所や頻度、目的に応じて様々な種類があるようですが、CMのように家族と過ごす時間が増えて、絆を再確認し、仕事へのモチベーションもアップするような働き方ができたら本当にいいですね。

育児や介護など、これからの日本が抱える問題の解決につながるのかどうか、今後が期待されるところですね。

大切な人との時間が少しでも増えますように…。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です