田口トモロヲはカメレオン俳優?ナレーション・監督・バンドや若い頃もチェック!

植物男子ベランダーで、主人公のバツイチ中年男のベランダーを演じている田口トモロヲさん。

「カメレオン俳優」との異名を持ちます。

掴みどころがなく、正体不明な雰囲気を漂わせながらも、受けた仕事は期待以上にこなす名バイプレイヤー。

田口トモロヲさんとは、どんな人なのでしょう?

Sponsored Link

田口トモロヲさんのプロフィール

本名 :田口 智朗(たぐち ともお)、映☆画次郎(ペンネーム)
生年月日:1957年11月30日(60歳)
出生地 :東京都武蔵野市
身長 165cm、血液型 O型

俳優、ナレーター、ミュージシャン、映画監督、元エロ劇画家。

パンク・ファンクバンド「ばちかぶり」のボーカリストとしても活動。

所属事務所はマッシュ。

かつてNHKで放送されていたドキュメンタリー番組『プロジェクトX』の語りで有名。

獨協大学経済学部中退(4年間一度も進級しなかった)。在学中からアングラ演劇、自主映画などに係わる。

1978年劇団「発見の会」入団。1982年『俗物図鑑』で映画デビュー。

その一方、エロ劇画家、ライター、イラストレーターなどで生計を立てていた。

(出典:Wikipedia)

やりたいことがなかなか見つからない人が多い中、才能もあり、若い頃から自分の進む道を邁進できたのは本当に凄いことですね。

映画やドラマでの活躍

1989年12月31日に放映された実話ドラマ『シャボン玉の消えた日』(日本テレビ)で、植木等役に抜擢される。

また同時期に主演した塚本晋也監督の劇場映画『鉄男』が話題を集め世間から注目されだしたそうです。

ある朝、”男”は自分の頬から金属片が出ているのに気づく。平凡なサラリーマンであった彼の日常はその日を境に徐々に鉄に蝕まれていく。

自分の体が次第に鉄と化していくのに困惑する男…と、何だか怖い映画ですね。

ハリウッド俳優のチャールズ・ブロンソンの男気に憧れるあまり、漫画家のみうらじゅんとユニット「ブロンソンズ」を結成。

またブロンソンの影響でか「仕事は選ばず手を抜かず」を信条としており、その役作りにおいては圧倒的なこだわりを見せているそうです。

こういうところが、多くの作品でひっぱりだこになる理由ですね。

映画の出演は多すぎて紹介しきれませんが、名バイプレーヤーとして、どれも一味違った役どころを好演しています。

CMでの活躍

たくさんのCMに出演されていますが、これ、ちょっといいな…と思った東京ガスのCM。

家族のために頑張っている普通のお父さんを演じています。二階堂ふみさんもかわいい!

ナレーションでの活躍

2000年4月から2005年12月に放送されたNHK総合テレビ『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』では、あえて単調な口調のナレーションで人気を集めました。

あの独特な語り口、みんな真似しましたよね。

また、『世界の果てまでイッテQ!』では「イェーイ!」を連発するなど番組を盛り上げ、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』でもナレーションを務めました。

映画監督としての活躍

田口トモロヲさん監督作品で代表的なのが3作目の映画、多部未華子さん、綾野剛さん主演の「ピースオブケイク」。漫画が原作の胸キュンストーリーは25歳の女性が主人公。

25歳の女心をリアルで等身大のラブストーリーに仕上げたかったという田口トモロヲさん。「

体当たりの演技で臨んでくれた多部未華子さんに感謝している」とおっしゃっていますが、そこは監督との信頼関係の証ですね。

他にも監督デビュー作の「アイデン&ティティ」は、みうらじゅんさんの原作漫画。みうらじゅんさんんとは、音楽ユニット「ブロンソンズ」を結成するほどの仲。

監督第2作目の「色即ぜねれいしょん」主人公は何もないサブキャラ。「そういう人こそ輝くんです」と言う田口さん。忘れ去られた弱者やマイノリティーも描いていきたい…と。

「世の中ヒーローばかりじゃ面白くない、人間って基本ダメじゃないですか」って、本当に救われる言葉ですね。

バンドや若い頃もチェック!

1983年にパンクバンド「ガガーリン」を結成。その後、1984年にばちかぶりを結成。

かなり激しいパンクバンドで、数々の逸話も残しているようですが、芸術的センスが多方面で発揮されているのが分かりますね。ものすごいエネルギーの持ち主です!

2009年3月、イラストレーターの安斎肇が率いる5人組パンクバンド、「LASTORDERZ」にボーカルとして正式加入。

すべてのお仕事が同時進行しながらのバンド活動ですから、どうやって時間を作っているのか本当に不思議です。画像を見るだけでもパンクなのが分かりますね。

Sponsored Link

カメレオン俳優たる所以

映画やドラマに出演しながらもバンドのライブ活動も行う!真面目なナレーションもこなしながら、自ら映画監督も務める田口トモロヲさん。とても60歳とは思えないエネルギーです。

現在全国ロードショーの映画「終わった人」に出演。

また、7月スタートの日曜ドラマ「この世界の片隅に」でも伊藤蘭さんと夫婦役で出演します。

どんな役でも柔軟にこなす、正体不明な「カメレオン俳優」と言われるのが理解できます。

多才で真面目、丁寧な演技が人気の秘密だということがよく分かりますね。

これからどんな役どころを演じるのか、益々楽しみです!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です