news every. リポーターのイケメン落語家「柳亭市弥」は結婚してる?かわいい画像も!

日テレのニュース番組 news every. 夕方の報道番組として、情報収集には欠かせない番組ですね。

その news every.でリポーターを務める若手落語家の柳亭市弥(りゅうてい いちや)さんが、イケメンと話題になっています。

噺家さんだけあって、リポーターとしての語り口も軽快で楽しく、とても好印象です。

柳亭市弥さんの経歴やかわいい画像についても調べてみました。

Sponsored Link

柳亭市弥さんとは?

本名: 関戸 俊平(せきど しゅんぺい)
生年月日 :1984年2月10日(34歳)
出身地 :東京都世田谷区
師匠 柳亭市馬
活動内容 :落語家(所属 落語協会)

玉川大学を卒業後、2007年柳亭市馬に入門し、2008年、前座となる。

前座名は「市也」。2012年、二ツ目昇進し「市弥」と改める。

(出典:Wikipedia)

大学を卒業してから広告代理店に就職。配属先は大阪で、土地勘も無く友達もいない所。毎日残業で厳しい仕事を続ける中、休日の息抜きに訪れた寄席で落語にハマったそうです。

自分と同じように普通に生活している人達が一緒に笑っている、そんな寄席の雰囲気に癒やされ、日常の中に笑いがあることが心に沁みたそうです。

学生の頃はラグビー部に所属し、合宿の出し物で漫才やコントなどをやって、元々お笑い系が好きだったこともあるそうです。

何度か寄席に通ううちに柳亭市馬師匠に出会い、会社を退職し、両親を説得して入門したそうです。

この、両親を説得というのが一番大変だったのではないかと想像します。

人生の転機となる出会いやタイミングって、本当に大事だと感じますね。

ご自身のブログに寄席の日程なども載っていますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょう。

柳亭市弥のブログ「いちやづけ2」

日常に笑いがあるって、本当に大切なことですよね。

news every.でリポーターを務める

持ち前の明るさと噺家らしい軽快な語り口で、食リポなど観る人を楽しい気持ちにさせてくれます。

シリアスなニュースも多い報道番組の中で、ホッとできるコーナーでのリポートには和まされますね。

おっとりした育ちの良さも感じますし、何より母性本能をくすぐる雰囲気を持っています。

アイドルになってもおかしくないくらいのイケメンですが、寄席やリポーターの時は面白い三枚目にもなります。

このノリ!一緒に食事したら楽しそうですね~

news every.でも、女性ファン、特に私のようなおばちゃんファンが益々増えそうな予感がします。

結婚はしてる?

今は真打を目指して修行中、将来は『初めて落語を聞くなら柳亭市弥!』とおすすめされるような噺家になりたい!と夢を語る柳亭市弥さん。

結婚の情報は見つかりませんので、どうやら独身のようですね。

ご自身のツイッターやブログを見ても、落語家仲間との写真ばかりですし、今は落語に日々精進して真打目指してまっしぐらな感じでしょうか。

かわいい画像も

かわいい画像はこちら。横顔も素敵ですね。

正統派のイケメンです。アイドルでもいけそうですね!

 

Sponsored Link

最後に

柳亭市弥さんが高座に上がると女性から「イッチィー!」と黄色い歓声があがるそうです。

落語を若い人たちにも広めようと、呼ばれればどこへでも出向き、精力的に活動されているようですので、若いファンも増えて、近い将来ご結婚のお話しもあるかも知れませんね。

今後のご活躍が益々楽しみです!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です