野村祐希の父は水戸黄門の飛猿「野村将希」スポーツマンNO.1決定戦でも活躍!

身長191cm、芸能アスリートとしても俳優としても活躍中の野村 祐希(のむら ゆうき)さん。(1994年6月21生れ)

最近モデルのIVANさんとの熱愛報道で話題になっていますね。
お兄さんは、Jリーグ・プロサッカー選手の野村政孝(のむら まさたか)さん(ゴールキーパー)。

そして、お父さんは俳優の野村将希(のむら まさき)さんです。

三人ともめちゃくちゃイケメンですが、歌手で俳優、スポーツ万能なお父さん野村将希さんにフォーカスしてみましょう。

Sponsored Link

父、野村将希さんとは?

本名:野村正樹
別名義 旧芸名:野村 真樹
生年月日: 1952年11月13日(65歳)
出生地:福岡県北九州市生まれ、兵庫県尼崎市育ち
身長: 181cm
血液型 :A型
活動期間 1970年 – 現在

尼崎市立尼崎産業高等学校を中退し、1969年に歌手を目指して上京。デビュー前に高崎競馬場で約3か月間厩務員のバイトをしていたそうです。(出典:Wikipedia)

今は高崎競馬場もなくなって、跡地に大規模な県コンベンション施設を建設中ですが、我が地元群馬にいらっしゃったとは驚きでした!

そして靴屋でバイト中、サンミュージック相沢社長の目にとまりスカウトされ、1970年6月5日に『一度だけなら』をリリース、正式に男性アイドル歌手としてデビュー。

第12回日本レコード大賞新人賞・第1回日本歌謡大賞放送音楽新人賞・第3回日本有線大賞新人賞などを総なめに受賞し、同年末放映の第21回NHK紅白歌合戦に初出場しました。

若い方はご存知ないと思いますが、大ヒット曲です!今聴くと、渋いですね~

その後、修行のため2年間海外に渡り、帰国後の1982年、芸名を現在の野村将希に改名しました。

1987年に登場した『水戸黄門』の柘植の飛猿役は当たり役となりました。

水戸黄門の飛猿役で名演!

柘植の飛猿(つげのとびざる)は、TBS系列の時代劇『水戸黄門』に登場する架空の忍者。(1987年 – 2000年放送)

怪力で壁を破って登場するシーンが多く、水戸黄門一向がピンチに陥ると、いつの間にか飛猿が助けに来るんですよね~。

悪党どもの悪事を暴くために、悪党に味方したように見せかけ、悪党を成敗した時には「裏切ったんじゃねえよ、表替えっただけだ!」という決め台詞。見ている方も胸がスカッとするシーンでしたね。

時代劇の忍者役ですから、身体能力の高さが要求されます。由美かおるさん演じるくノ一の、かげろうお銀とは、とてもいいコンビだったのです!

悪事を働く輩を成敗する、水戸黄門はいつもお決まりのストーリーなのになぜか面白い。そこには野村さん演じる飛猿など、名脇役のスパイスの効いた演技があったからではないかと思います。

スポーツマンNo.1決定戦で活躍!

少年時代より野球で鍛えた抜群の運動神経から、芸能人スポーツ大会『スポーツマンNo.1決定戦』でも活躍しており、芸能人大会19回中18回に出場、「コロッセオの鉄人」の異名を持ちます。

鍛え上げられた美しい筋肉がとても魅力的で、年齢を感じさせない驚異の身体能力を見せつけてくれました。

50歳で跳び箱17段を跳ぶなど、レジェンドとしか言いようがありません!まさに、スポーツマンNo.1ですね。

Sponsored Link

最後に

現在65歳の野村将希さん。今もなお日々のトレーニングを欠かさず、筋肉隆々です。テレビや舞台でもご活躍中で、どこまで伝説を作ってくれるのか、本当に楽しみですね。

双子のお孫さんがいらっしゃるそうですが、お孫さんの前では優しいおじいちゃんなんでしょうね~。

長男の野村政孝さん、次男の野村祐希さんと、三人とも長身のイケメンで完璧な親子ですね。

今後のご活躍が楽しみです。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です