スマホを活用して英語のリスニング力を鍛える!お薦めのポッドキャスト。

通勤中に(車を運転中なら尚更)できることといえば音声を聴くことだけ。最強の味方はポッドキャストです。

ちょっとした空き時間に、少しでも英語に触れることで、だんだんと英語は蓄積されていきます。最初は少ししか理解できなくても、継続することで次第にリスニング力がついてきたことを実感します。

Sponsored Link

ポッドキャストでリスニング力を養う

無数にあるポッドキャストの中で、自分にあったものを探す。色々試した結果、いくつかの番組に行き着きました。

以下、中級以上の方にお薦めのポッドキャストをご紹介します。

NHKワールドニュース

全部英語です。テレビのニュースと同様、世界に発信する日本のニュースを取り上げる、約10分間ほどの番組ですが、毎日14時と20時に更新されるので、朝の通勤時には前日20時に更新されたニュースを、夕方の帰宅時には14時に更新されたニュースを聴くことができます。

アナウンサーによって、読み方の癖もありますが、それもまた味があって良いと思います。これも、内容をすべて理解するのは私の英語力では無理ですが、テレビやネットのニュースで話題になっていることがほとんどなので、あらかじめ日本語で内容を把握できていれば、英語ではこういう言い方をするのか、と勉強になります。

ただし、普通の速さで読んでいるので、初心者には少々難しいかも。1/2倍速で聴くと、ちょっと音声が気持ち悪い感じになりますので、そのまま聴きましょう。

VOA Learning English (Voice of America) 

全部英語です。英語学習者用に編集された約30分間のアメリカの番組。様々な話題をわかりやすい言葉で通常よりもややゆっくり読んでくれます。内容も極めて様々な分野を取り上げていて、興味の持てる内容も多いです。

ウェブサイトにスクリプトが載っているので、聴き取れなかった内容はあとで確認することができます。動画サイトも充実していて、一日中楽しみながら学習することもできます。

台本なし英会話レッスン(初心者にもお薦め)

ネイティブと、外大卒で留学経験の無い日本人が、台本なしでディスカッションをする英語と日本語のバイリンガル番組。とにかく楽しい!日本語での解説を混じえながら視聴者から送られた「お題」について話し合います。週二回配信、そのうち一回は英語のみ。

身近な話題で堅苦しくなく、お笑い番組的な感覚で聴けるので初心者にもお薦めできる番組です。

BBC 6 Minutes English

全部英語です。イギリスのBBCが提供している英語学習者用の番組。6分間と短いので、スキマ時間に聴けます。ただし完璧なブリティッシュイングリッシュなので、アメリカンイングリッシュに慣れている日本人にとっては少々聞き取りにくい発音もあります。週一回配信。

ウェブサイトも充実していて、文法解説などの動画もあるので、楽しく学べます。

言語交換サイトの友人がイギリス人であることも考えて、私はあえてこの番組も聴くことにしました。慣れてくると、ほうほう!なるほど!と聴き取れるようになるから不思議です。

Easy English Expressions (by Coach Shane)

全部英語ですが、リスナーを惹きつけるのがとにかく上手い!毎回1つのイディオムやスラングを取り上げる10分間弱の番組。

非常にわかりやすい解説と例文で、使えるフレーズがどんどん増えていく。教科書では習わなかった言い回しが多い気がします。声色を変えたダイアログがとても面白いです。

Speak Up Radio (スピードラーニング)

全部英語です。アメリカとカナダ出身の二人のネイティブが日常の話題について会話を繰り広げる。聞き取りやすい速さで、内容も面白いです。二人とも日本に住んでいて、実は日本語が上手らしいです。日本の文化や考え方にも触れる場面が多々あり、日本人向けの番組だと思います。

Sponsored Link

聴き取るということ

まずは相手の言っていることが理解できなければ会話は成り立ちません。たくさんの英語を聴き、内容を確認する作業を何度も繰り返すことで、聴き取る力は養われていきます。

かく言う私も、始めは2割くらいしか聴き取ることはできませんでしたが、毎朝の通勤時に聴き始めて2年が経った今、8割くらい聴き取れるようになってきています。50代の脳でもこうなれるのですから、若い方はもっと上達が早いのではないでしょうか。

リスニングはスマホとイヤフォンがあればいつでもできます。いくら単語を覚えても、実際の会話の中で変化する発音やイディオムは、ひたすら聴いて慣れるしかありませんね。

ポッドキャストを活用し、一つでも聴き取れる言葉を増やしていきましょう!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です