言語交換パートナーとの1時間をどう使うか?お互いが満足できる会話の準備と上達のコツ。

お互いに忙しい中で外国語を勉強する言語交換のパートナー。話せる時間は限られています。せっかくセッテイングできた貴重な時間、1時間をいかに効率よく使い、そしてお互いが満足できるにはどのような勉強法が良いのか?

「今週はどんなことがありましたか?」などというありふれた話題では、すぐに話しが続かなくなってしまします。相手に質問ばかりするのも失礼です。色々試した結果、1年半以上続いているパートナーとの間で、私が実践している会話のコツをご紹介します。

Sponsored Link

1時間をお互いが満足できるためには準備を怠らない

あらかじめ決めた話題(自分が話したい内容)について、日本語と英語の文章を用意します。

話題については、自分と相手のレベルにもよりますが、私はニュースで取り上げられた面白い話や最近の出来事、テレビや映画の感想などを話題にすることが多いです。

1時間という限られた時間、まずは最初の30分間は、相手が理解できそうな、簡単な日本語でゆっくりと話します。

日本語だからと何も準備をしないで話すのはやめましょう。文法的に間違っていたり、標準語でない言葉を使うと相手が混乱します。

文章を書いて読み上げるのが良いと思います。「日本語」は、私達が思っている以上にとても難しいです!

やさしい日本語にいくつかスパイスを入れる

簡単すぎても意味が無いので、随所に相手が知らなそうな単語や表現を少し入れておくと、「それはどういう意味?」と聞いてくるので、それについて英語で説明できるようにしておきます。これがちょっとしたスパイスになります。

知らないと思っていた言葉を相手が理解していたら、やたらと褒めてその気にさせます。「イエーイ!グッジョブ!」とか言って。相手はとても喜びます。

想定外の質問には、その場で辞書を活用するか、どうしても説明できない時は「来週までの宿題で調べておきます」と約束します。

後半は、ネイティブによる英語の添削

後半の30分間は、先ほど日本語で話した内容について、自分の力で英訳した文章を用意しておき、スカイプのチャット画面にペーストします。自分で読み上げながら、相手に添削してもらいます。

毎回かなり直されますが、その都度、編集機能を使ってチャット画面上で直していきます。どこがどう間違っていたのか、相手の解説があるのでとても良く理解できる上、自分の書いた文章が完璧な英文になって返ってきます。

一番言われるのが「文法的には合っているけど、なんだか不自然」

これは自分ではどうにもならないですね。辞書で調べた単語も、使い方によって微妙にニュアンスが違っていたりします。

そんなところを直してもらいつつ「他にはこんな言い方もあるよ」など、新たな表現も学びます。

さあ、これで自分の言いたいことが正しい英語になった訳です。

会話力を上達させるには?

私は現在3人のランゲージパートナーと毎週定期的に会話をしています。まずは1人目のパートナーと話し、上記の方法で、話したい内容を完璧な英文に仕上げます。それを使って2人目、3人目とも会話をすることで、自然と会話力が上達してきます。

英会話を始めた頃「自己紹介」だけは上手くなりました。それは何度も同じことを繰り返し話すからです。でも、そのあとが続かないのです。これは誰でも経験することではないでしょうか。

同じ内容の会話を3回、それも違う相手と話すと、かなり上手く話せるようになります。その都度、相手の反応が違うのも面白いところで、そこからまた会話が発展して違う言葉を覚えることもできます。

Sponsored Link

最後に

分からない単語や表現が出てきたら、どんどん聞きましょう!「それ、どういう意味?」

聞かれたら、答えたくなりますよね。私も、一生懸命に考えて答えます。

Win-Winの関係だからこそ、お互いが満足できる時間になるのです。

それが会話力の上達につながれば言うことなしですね。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です