西城秀樹さん逝去!ヒット曲「ヤングマン」動画に蘇る永遠の青春!若い頃を振り返る。

歌手の西城秀樹さんが5月16日に急性心不全のため逝去されたと発表されました。

63歳という早すぎる死に、同じ時代を生きた者としては、残念で残念で、涙を抑えることができません。

2度の脳梗塞を経験し、言語障害や麻痺が残る体でステージに立ち続け、その挑戦する姿は、同じ病に苦しむ多くの人達に勇気を与えてくれました。

「カッコいいことなんていいんですよ、カッコ悪いところをいっぱい見せようと思っている」「好奇心がある限り、幾つになっても青春だと思っている」と語った西城秀樹さん。

あなたは本当に、本当にカッコ良かった!

Sponsored Link

西城秀樹さん逝去のニュースは、海外メディアでも大きく取り上げています。

「ヤングマン」動画に蘇る永遠の青春!

「若いうちは やりたいこと なんでもできるのさ」

何事にも臆することなく挑戦せよ!と、ヤングマン(若者)の持つ無限の可能性を歌で表現しています。

この言葉にどれほど勇気をもらったことでしょう!

動画を見るたびに、永遠の青春がが蘇ります。西城秀樹さんは、いつもいつもヤングマンでした。

西城秀樹さんの経歴

出生名: 木本 龍雄(きもと たつお)
生年月日: 1955年4月13日
出身地:広島県広島市
死没: 2018年5月16日(63歳没)
学歴: 明治大学付属中野高等学校定時制卒業
ジャンル: J-POP
職業: 歌手・俳優

(出典:Wikipedia)

西城秀樹さんの若い頃を振り返ってみましょう

1972年3月25日発売のシングル「恋する季節」で歌手デビュー。

郷ひろみ、野口五郎とともに「新御三家」と呼ばれる。1973年9月24日、「ちぎれた愛」が「新御三家」の中では初めてとなる、オリコン1位(47.5万枚)を獲得。歌唱力を発揮。

「ハウス バーモントカレー」のCMで「ヒデキ、感激!!」のフレーズがブレーク。

『第15回日本レコード大賞』歌唱賞を獲得。派手なアクションと熱唱型の歌唱は独特の魅力がありました。

1974年1月16日 – 10月9日、ホームドラマとして人気を博したTBS系列テレビドラマ『寺内貫太郎一家』にレギュラー出演。長男役で、祖母役の樹木希林さんとの掛け合いや、毎回の家族喧嘩のシーンが人気となりました。

1975年1月30日、第12回『ゴールデン・アロー賞』でグラフ賞を受賞。2月には初の海外進出作品として「傷だらけのローラ」のフランス語バージョン「LOLA」がカナダ、フランス、スイス、ベルギーで発売され、カナダではヒットチャート第2位にランクされました。

「プロマイド」の年間総売上実績1位。以降1976年、1978年、1979年も男性歌手部門1位。歴代通算第1位獲得月数で新記録樹立。

どれほどの人気だったか想像できますね!

1976年2月25日、この年から作詞者に阿久悠さんを起用。

1976年6月5日発売の「ジャガー」で着用した臀部の割れ目が見えそうなセクシーな衣装と、「抱いてやるー!」と絶叫するセリフが話題となる。この衣装はアンルイスがアイデアを出したもの。この曲で6月27日に開催された『第5回東京音楽祭』世界大会に出場。

1979年1月4日 – 1月6日、大阪・厚生年金ホールにて新春コンサートを開催。「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」を唄い、「Y.M.C.A.」の4文字を全身で表現するパフォーマンスを披露。2月21日に発売され売り上げ80.8万枚の大ヒットとなる。

数々のヒット曲、受賞、テレビドラマ出演、その活躍は枚挙にいとまがありません。

病魔との戦いと復活

2003年6月21日、ディナーショーのため訪れていた韓国で脳梗塞を発症。リハビリ・復活後、活動を再開。

2011年、脳梗塞が再発していることが判明し、東京都内の病院で入院治療する。右半身麻痺の後遺症が残るが、リハビリの結果、杖をついて歩けるまで回復。

2015年4月13日、60歳の誕生日に還暦記念アルバム『心響 -KODOU-』を発売。同日、東京都港区・赤坂BLITZにて自ら「ヒデキ還暦!」と題した記念ライブを開催。

言語障害や麻痺が残る体、リハビリの様子などもテレビで放送されました。取材に応じることで、その頑張る姿をみんなに見せることができると西城秀樹さんは考えていました。

本当に偉大なアイドルであり、俳優であり、私達の青春時代を代表するエネルギーの源のような人でした。

Sponsored Link

最後に

どこまでもエネルギッシュに、世界中の多くの人に勇気を与え、諦めることをしなかった西城秀樹さん。

あなたと共に青春時代を生きられたこと、本当に嬉しく思います。

数々のヒット曲に蘇る永遠の青春。どの曲にも、あなたの若い頃から衰えることのないエネルギーが宿っています。

西城秀樹さん、本当にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り致します。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です