「ホリエモン」夏にはロケット!”アナザースカイ”で全力で遊ぶ働き方を語る!

5月11日、アナザースカイに出演したホリエモンこと実業家の堀江貴文さん。

タイの水掛け祭りに参加し、100万トンもの水を浴びせる異色の音楽フェスで熱狂的に踊る姿を見せました。

過去に球団やテレビ局の買収を計画するも失敗、後に証券取引法違反で逮捕という経歴を持ちます。

ベストセラーとなった著書多数。

やることすべてがホリエモン流!その生き方は、今でも時代の最先端を突っ走っています。

Sponsored Link

堀江貴文さんの経歴

生年月日:1972年10月29日(45歳)
出身地:福岡県八女市
出身校: 東京大学文学部 中退
職業: 実業家、著作家、投資家
独身(離婚歴あり)

sns media&consulting株式会社ファウンダー、インターステラテクノロジズ株式会社ファウンダー、株式会社7gogo取締役、日本ゴルフ改革会議委員、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)。

元ライブドア代表取締役社長CEO。

(出典:Wikipedia)

仕事のジャンルが広すぎて…起業家?作家?アドバイザー?

肩書は何ですか?との質問に、ジャンルがない時代が来る、肩書は「ホリエモン」っていうことですかね。

過去に時代の寵児と言われた元ライブドア社長、頭が良すぎて周りがついて行けないだけだったのでしょうか?

記者からの質問に答えていた際、「自分が先に行き過ぎていて、周りの教養が追いついていなかったために理解してもらえなかった」と。

本を何百冊も読まなければならない教養が記者らにはなかったと答えました。

これをサラッと言えてしまうホリエモンはカッコ良すぎる!

アナザースカイで全力で遊ぶ働き方を語る

毎年タイに通うホリエモン。そこが彼のアナザースカイ。

大事なのは何か?いかに遊ぶかだと思うんですよ!

ウェイクボードにゴルフ、カートと全力で遊び尽くし、自らがプロデュースする和牛の食イベントでも盛り上がる様子は本当に「ただの遊び」に見えます。しかし、それがビジネスに繋がっていくのだと。

近未来の生き方、「10年後には変わるんですよ」と話す彼の頭の中には、どんな未来が描かれているのでしょう?

仕事と遊びを区別しない、全力で遊び、全力で仕事をする。それが新しい働き方、ゴルフをしながらスマホで仕事ができるんです、と。

「楽しそうなことを見つけたら、片っ端から参加し、遊びをビジネスに繋げる」という新しい働き方に、とことん憧れてしまいますね!

新しい人間関係、新しいことを始めることに慣れる

外国の人や新しい世代の人達とコミュニケーションをとることで、これから起こると予想していたことと違うことが起こっても対応できるようになる、と言います。

確かに、異文化や世代格差のある人達との交流は、とても刺激的で意外なものだったりします。

移動の時間がもったいないから飛行機で寝る。そんなホリエモンの新しい働き方に世界が共感しています。

早ければ夏にロケットを飛ばす、もう見えている! 

夏にはロケットを飛ばします。二年後くらいには、地球の周りを回る人工衛星みたいなのを打ち上げる計画をしているそうです。

「次は宇宙でアナザースカイをやりましょう!」と当たり前に。

そういう時代が普通に来ることを予言しているようにも見えました。

常識とは、単に18歳になるまでに 心に積み上げられた先入観のコレクションにすぎない」(アルベルト・アインシュタイン)

まさに、ホリエモンの生き方は、常識にはとらわれない、アインシュタインの言葉を裏付けるものですね。

Sponsored Link

大切なことはノリ!

大切なことは?「ノリですよ!いかに自分がのれるか、周りを巻き込めるか」

突拍子もないことを考えるヤツがいて、それを全力で応援する二人目の男がいる、そういうノリが必要、と話すホリエモン。

色々なことに手を出していいし、それが人間の本質だと言います。

彼の生き方、全力で遊ぶ働き方に共感しつつも、同じようにできない自分の現実を実感した番組でした。

常に新しいこと、楽しいことに挑戦し、ノリで突き進んで行けるホリエモンの生き方にリスペクトです!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です